ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

960p対応 PC用WEBカメラにもなるUSBメモリ型監視カメラのレビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
皆さん、上の写真に写っているのは何だと思いますか? そう USB メモリ・・・、ではなく、実はカメラなんです。これは USB メモリの形状をした小型カメラで、Micro SD メモリカードリーダー、監視カメラ、PC の WEB カメラとしても使用できる多機能な優れものアイテムです。この USB メモリ型カメラは Bouhandoor ブランを展開している企業が発売しています。様々な用途に使用できる多機能なカメラなのですが、価格はなんと 3,273 円 + 税とけっこうなお手頃価格なのです。このアイテムの主な用途は監視カメラとして使用することです。USB メモリ型なので、デスクやテーブル、玄関の棚など、部屋中の色んな所に設置されていてもそれほど違和感はありません。他の物と一緒に並べておけばカモフラージュになります。カメラでは 1,280 x 960 ピクセルの動画を 1,600 x 1,200 ピクセルの静止画を撮影できます。操作は本体上にある一つのボタンをクリックするだけです。押し方によって電源の ON / OFF、動画または写真の撮影、モードの切替を行います。また、Micro SD カードスロットがあり、最大 32GB までの Micro SD カードを装着することができます。また、USB コネクタ付近にある青色 LED で、カメラの動作モードを確認できるので、使い始める前に LED の存在を確かめておいてください。使い方はメーカーサイトに記載されています。カメラ本体はかなり小さいので部屋のどこかに置いて撮影することはもちろん、持ち歩いて撮影することもできます。また、ノート PC の USB ポートに接続それば、傍から見て単に USB メモリを挿しているだけにしか思われません。しかし悪用は厳禁ですよ。監視カメラが主な用途なので静止画・動画にはどちらにもタイムスタンプが表示されます。ただやっぱり画質はイマイチといった感じでした。解像度は比較的高いのでスマホで観る分には問題ありませんが、PC の大きなモニタで観ると、粗さが目立ってきます。次の動画スクリーンショットではかろうじて先の文字が読めるというレベルです。それでも安価なカメラにしてはカラーバランスが良く調整されています。実はこのカメラには動体検知モードもあります。これは、カメラの電源が ON の状態(スタンバイモード)で PC やモバイルバッテリーに繋ぐと、カメラがスタンバイモードになり、カメラ映像に動きがあると撮影を自動で開始します。これは留守中の監視用に役立ちます。また、リムーバルストレージモード(電源 OFF の状態)でカメラを Windows PC の USB に接続し、カメラのボタンを一回押すと、PC カメラモードに切り替わり、Windows の「カメラ」アプリで操作できるようになります。これは Web カメラ機能です。■ BouhandoorURL : https://www.bouhandoor.com/960pu-dv–37.html

■関連記事
Android版「ウィルスバスターモバイル」がAndroid Oreoに対応、メッセージアプリ対策機能にFBメッセンジャーが追加
「HTC U11+」の半透明ブラックがついに発売
Android OreoのProject TrebleはカスタムROMの開発も容易にする

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。