ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

おもちゃは値段じゃないのね!1歳の息子のお気に入りはママの手作りおもちゃ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170811074840j:plain

我が家には1歳8ヶ月になる息子がいるのですが、1歳くらいからずっとハマっている手作りのおもちゃがあります。

どんなものかと言いますと、ペットボトルの蓋を2個、透明のテープでつなげて上下の部分に、息子の好きなキャラクターの絵が書いてあります。それを100均で買ってきた、透明のケース(ペットボトルの蓋が入る程度の穴を開けたもの)にポトンと落として遊ぶとても単純なおもちゃなのですが、息子は大ハマりです。 関連記事:高価なおもちゃをくれた方々ごめんなさい!息子のお気に入りは空きペットボトルなんです

我が家では勝手に名前を付けて「どうぞ」遊びと呼んでいます。息子のお気に入りの遊び方は、私がペットボトルの蓋を「どうぞ」と渡して、息子が受け取ったものを穴に入れるという単純な繰り返しをする遊び方です。

息子は永遠に続けたがるので、一度始めるとなかなか終わってくれません。大人の私から見るとこの単純な作業の繰り返しの何が面白いのかと思ってしまいますが、ペットボトルの蓋をつまむのも、透明のケースに落として音を聞くのも楽しいようですね。

タブレットで動画を見ることが好きな上の娘とくらべて、息子の「どうぞ」遊びは健康的に思えますが…。

最近、息子の遊び方が少し変わってきて、私が遊びに参加して「どうぞ」と渡さなくても自分で右手から左手に「どうぞ」と渡した後に「あんがと」とペコッと頭を下げて1人で2役こなして遊んだりをしています。想像力が育ってきているのだなと嬉しく思いました。

それと同時にもう1つ最近思うことがありました。それはおもちゃは、高いものでなくてもいいのだなということです。私の手作りのおもちゃの制作費用は300円くらいですが、先日、おじいちゃん、おばあちゃんが1万円越えの木製の知育玩具を買ってくれたのです。初めは興味を示したのですが、すぐにペットボトルの蓋のおもちゃに興味が戻ってしまいました。 関連記事:空き箱だって立派なおもちゃ!知育玩具より興味を示したエコで安全な手作り玩具

おじいちゃん、おばあちゃんは少しがっかりしている様子でした。息子は私に似て貧乏性なのかもしれません。仕方がないことですが、息子のために奮発してくれたおじいちゃん、おばあちゃんには少し申し訳ない気持ちになってしまいました。

そんな私の複雑な気持ちや大人の事情なんてお構いなしに、息子は今日も天真爛漫にペットボトルの蓋で楽しそうに遊んでおります。

f:id:akasuguope01:20170729082049j:plain

著者:ななねこ

年齢:32歳

子どもの年齢:1歳8ヶ月、5歳

私の家は旦那と5歳の長女と1歳8ヶ月の弟の4人家族です。仕事をしているため育休があけた今は毎日時間のやりくりが大変で、仕事と子育てに奮闘中です。保育園や会社の協力、主人の協力に日々感謝しつつ、バタバタしながら毎日を過ごしています。いっぱいいっぱいになってしまう時もあるけど、2人の子供に恵まれたことに感謝して子育て頑張ります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

特別な気持ちにさせてくれた贈り物。母が作ってくれた自慢のおくるみ
手作りグッズの品質向上が止まらない…。「手作りは母の愛情」ってこういうこと? by 熊野友紀子
使いやすくて自分好みにできる!オリジナルの母子手帳ケースを作ってみた by たきれい

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。