体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『現代演劇ポスター展2017』が、せつない。

『現代演劇ポスター展2017』が、せつない。 宇野亜喜良が好きだ。『現代演劇ポスター展2017』が、せつない。

『男装劇 星の王子さま』(演劇実験室◎天井棧敷)
1968年 デザイン:宇野亞喜良 シルクスクリーン

中学時代、寺山修司の詩集が好きだった私は、必然と宇野亜喜良のイラストを多く目にしていた。そして彼を好きになり、彼の絵を特別に思うようになった。

2003年、SPACE SHOWER BOOKSから出ている『宇野亜喜良60年代ポスター集』を手にした。本を通して、ますます宇野亜喜良が好きになると同時に、彼のポスターが街中に貼られていた60年代の街を想像し、うらやましいと思った。

私は1988年生まれ。あんな刺激的な60年代を、決して経験することはできない。同じ時代を生きた人は、奇跡。その奇跡は、私には訪れない。

しかし、あれから14年。
あの時代は決して戻ってこないけれど、あの時代の演劇ポスターが帰ってくることを知って、私は興奮した。

約300点のポスターで
あの時代がよみがえる

その展覧会こそ、すでに話題となっている『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』だ。渋谷ヒカリエホール ホールB、渋谷キャスト スペースアツコバルー arts drinks talkの3会場を使い、宇野亞喜良、横尾忠則、粟津潔、赤瀬川原平、平野甲賀らの60年代の演劇ポスターが展示される。『現代演劇ポスター展2017』が、せつない。

『現代演劇ポスター展2017』は、ポスターハリス・カンパニー設立30周年の記念展として開催されるものだ。

ポスターハリス・カンパニーは、演劇や映画、展覧会などのポスターを、劇場や美術館などに配布している会社だ。手元にポスターがたくさん集まるようになったことをきっかけに、1994年、60年代以降の舞台芸術系ポスターを収集・保存・公開するプロジェクトを設立した。そのコレクションの充実度は、新国立劇場のポスター収集活動にも協力しているという事実からもうかがえる。

ポスターハリス・カンパニーの約2万点におよぶポスター・コレクションのなかから、60年代を語る上で特に重要なもの、貴重なものなどを300点厳選し、大々的に公開するのが今回の展覧会だ。『現代演劇ポスター展2017』が、せつない。

左・『犬神 フランクフルト公演』(演劇実験室◎天井棧敷)1969年 デザイン:粟津潔 シルクスクリーン
中・『腰巻お仙 忘却篇』(劇団状況劇場)1966年 デザイン:横尾忠則 シルクスクリーン
右・『少女都市』(劇団状況劇場)1969年 デザイン:赤瀬川原平

 すばらしい、けど
せつない理由

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。