体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ドラゴンボール』のパフパフ再現度を懸念する小学館漫画家

2008年3月に日本公開をひかえているハリウッド版『ドラゴンボール』。いままで多くの素人が作った偽予告ムービーが公開され、多数のニュースサイトやブロガーたちがだまされてきたが、ついに正式な予告ムービーが公開され、大きな話題を呼んでいる。

しかし、そんなハリウッド版『ドラゴンボール』に対して、小学館の漫画誌に連載を持つ漫画家が、「パフパフはどれだけ再現しているのか?」と、デキに関して懸念している。

パフパフの再現度に関して心配しているのは、コロコロコミック系漫画雑誌『コロコロイチバン』(小学館)や、『未来予報ツギクル』で漫画やアニメ連載をしている漫画家だ。取材班のインタビューに対し、「亀仙人とブルマの、少年誌で再現しきれなかったパフパフシーンをどこまでCGで再現できるかが鍵だ。エアロビでワンツーワンツーしてからのパフパフも期待している」と語っている。

確かに、コミカルとシリアスと少しのエッチシーンで『ドラゴンボール』は成り立っていると言っても過言ではない。パフパフシーンがあるとすれば、亀仙人がエロキャラである必要があるが、映画版のキャラクター設定はまだ正確に判明していない。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。