ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

目の病気のサインかも…寒くなると涙が出やすくなるのはなぜ?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

目の病気のサインかも…寒くなると涙が出やすくなるのはなぜ?
冬の冷たい風が目に当たった際、涙が出たことはありませんか?目に異物が入った訳でもないのに、涙が止まらず不思議に思ったことがあると思います。

心当たりがある人は、ドライアイや結膜炎などの目の病気が隠れているかもしれません。

今回は、寒くなると涙が出る人の原因や症状について、医師に分かりやすく解説していただきました。

涙が出る主な原因 

涙 

基礎分泌

涙は唾液や胃液と同じように、意識しなくても常に少しずつ作られています。毎分1〜2マイクロリットル(ミリリットルの1/1000)程度作られています。

刺激性分泌

目にゴミが入ったり風が当たったり、玉ねぎを刻んだなどの刺激があるときに、目を守り異物を流し去るために涙が追加で作られます。

心因性分泌

辛いことや悲しいことがあった時など、心因性により涙が出ます。涙を作る指令は、自律神経(交感神経と副交感神経)と三叉神経によって制御されています。

涙が出る仕組み

涙腺など目の構造 

1. 上まぶたの目じり側にある涙腺で涙が作られる

2. 細い管を通って目の表面に分泌される

3. 涙が下まぶたのへりに溜まる

4. まばたきによって目の表面に涙が行き渡る

5. 涙が目頭側に移動していく

6. 目頭に開いている排水口(涙点)から捨てられる

7. 涙道という道を通り鼻の中に排出される

寒くなると涙が出てしまうのはなぜ? 

冬の寒い屋外にいる女性 

冷たく湿度の低い環境で目が乾いたり風が目に当たると、その感覚を三叉神経が感じ取り、涙腺に刺激性分泌を起こす指令を送ります。それによって寒いと涙が出やすくなると考えられます。

特に、以下のような場合には、涙がこぼれ落ちやすくなります。

涙道が細い

涙を捨てる道(涙道)が、病気や加齢によって細くなっています。

■ イメージ

下水が詰まってお風呂があふれがちになるような状況。

結膜弛緩症

涙を蓄える役目をしている下まぶたのふちが、結膜弛緩症などの原因で狭くなっています。結膜弛緩症は、加齢などの原因で、白目の表面の結膜がたるみ、下まぶたのふちに折り重なる状態です。

■ イメージ

風呂桶の容量が少なくなることであふれやすくなるような状況。

目の表面の刺激

ドライアイ、結膜炎、コンタクトレンズ使用など、目の表面を刺激する要因がもともとあり、涙の刺激性分泌が普段から多くなっている場合になります。

■ イメージ

お風呂に水が勢いよく注がれており、溜まっている水量が多いため、追加で少しでも水が入ると溢れてしまう状況。

寒くなると涙が出てしまう症状の治療方法 

眼科検診 

検査方法

■ 顕微鏡

目の表面を顕微鏡で観察します。眼科であごとおでこを乗せ、医師と機械越しに向かい合うような検査です。

■ 点眼薬

検査用の点眼薬を使用し、目の表面の傷の具合、涙の量、ドライアイの有無を確認することもあります。

■ シルマー検査

涙を出す能力を調べるため、下まぶたのふちに細いろ紙をはさみ、出てくる涙の量をろ紙にしみ込ませ、5分ほど過ごす検査をすることがあります。

■ 涙道通水試験

涙道が詰まっていないかどうか調べるため、目頭の涙点から食塩水を注入し、鼻や口にしょっぱい味がするかどうかを調べることもあります。

治療方法 

・ドライアイ:点眼治療を行います。

・涙道が詰まっている場合:手術や内視鏡治療を行うことがあります。

処方される薬 

特に原因が見当たらないのに涙が出すぎる場合、目の表面の感覚を鈍らせるような点眼を使用することがあります。

しかし、この薬には麻酔作用があり、目に傷が入っても分かりにくくなってしまうため、傷がつきやすく治りにくくなるという副作用があります。

寒くなると涙が出てしまう症状の改善方法

フルフェイスヘルメット

風よけアイテムの着用

バイクや自転車を運転する場合は、風よけの帽子・眼鏡・フルフェイスヘルメットなどを使用しましょう。

目薬の選び方・使用回数の厳守

市販の点眼を使用する場合、防腐剤が含まれていることがあり、使用回数を守らないと、防腐剤によってかえって目の表面が傷つくこともあります。点眼回数を守るか、防腐剤が含まれていない製品を選びましょう。

日常のケア

普段から点眼をしたり、目元を温めましょう。

目の治療

ドライアイや結膜炎の治療を行い、涙道の詰まりがある場合は治療を行う。特に涙に左右差がある場合には涙道通水試験を受けましょう。

最後に医師から一言

自転車を漕ぐ 

特に自転車やバイクの運転中に涙が出ると、視界がぶれたり曇ったりして大変危険です。風が強い時期の運転には、帽子・眼鏡・ヘルメットなどを使用しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

歯や肌だけじゃない!“白目のホワイトニング”で目の濁りを改善
目薬、間違った差し方はトラブルのもと!? 正しい目薬の差し方が知りたい!
ドライアイの症状・原因・治療

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。