ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パリで「本物のパン屋」を見分けるための豆知識(外観編)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
パリで「本物のパン屋」を見分けるための豆知識(外観編)

日本ではフランスパンと呼ばれて親しまれているバゲット。これは、私が暮らしているパリでも、もちろん日常的に食べられているもの。だからフランスには街のあちこちにパン屋があります。中を覗いてみると、バゲットやらクロワッサンが積み上げられていて、パンの焼ける良い香りが漂ってきます。

旅行中、そんな香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。

そのお店、「本物のパン屋」ですか?

パリで「本物のパン屋」を見分けるための豆知識(外観編)

実は、解凍したパンが並んでいる、なんてことがあるかもしれないのです。さらに、クロワッサンやパン・オ・ショコラのような、ヴィエノワズリーと呼ばれるいわゆる菓子パンに分類されるものに関しては、売られているものの25%から50%が冷凍モノ、という調査結果も…。

ここで、少し複雑なフランスの「パン屋事情」について紹介しましょう。

フランスでは勝手に「パン屋」を名乗ってはいけません。97年以降、パン屋という意味の「ブランジュリー(Boulangerie、Boulanger)」という看板を掲げるためには、パンをイチから作っていなければならない、という法律が存在しています。まあ、当たり前といえば当たり前ですが。

そもそもイチから作る、とはどういうことなのでしょうか。具体的には、

①生地の捏ね
②発酵
③成形
④焼き

の4つの工程を指します。これらをすべて自分のお店の中でおこなったうえ、それを店頭に並べているところだけが「ブランジュリー」と名乗ることができる、というわけです。

ちなみに、一つ豆知識を。

フランス発のパン屋で日本でも有名な「Paul」ですが、フランスの店舗の看板には「Boulangerie」とは書かれていません(日本の店舗には書かれています)。すでに成形されたものが工場から各店舗に送られ、店舗では焼くだけ、という仕組みだからです。他にも、冷凍で届いたものを自分のお店で成形から焼きまでをする、という場合もありますが、いずれも「Boulangerie」と名乗ることはできません。

いつの日か、フランスで立ち寄ろうとするそのお店が「本物のパン屋」かどうか。入る前に看板を見て、「Boulangerie」の表記の有無を確かめてみてください。

 

※明日は「店内編」をお届けします!Reference:Libération

関連記事リンク(外部サイト)

伝説のパン屋「ルヴァン」のパンが、バッグになりました
東京で美味しいサンドイッチが食べたいなら、このパン屋さんに行ったほうがいい。
パリの日常には、フォトジェニックがありあまる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。