ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

長いつわりも「腹帯」のおかげで乗り切れた!産後は布おむつとしてリサイクル

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170729093203j:plain

初めての妊娠。

自分の姉妹や周囲の友達は、つわりはほぼなかったという声が多く、「自分も軽いのでは」となぜか大らかな気持ちで過ごしていました。

ですが、妊娠2ヶ月を迎えた頃、突然胸がむかむか…。

寝ても覚めてもずっと気怠さに襲われるようになったのです。

何もしていないのにめまい、寝ているだけでも嗚咽、食べても食べなくても嘔吐を繰り返し、スーパーの商品陳列に圧倒され立ちくらみ。想像を絶するつわりの重さでした。

「経験者に聞いていた妊婦生活と全然違う!」と戸惑いながら、つわりがいつ落ち着くのか不安に思いつつ、日々を過ごしました。

毎日外に出ることもなく家で過ごしているうちに妊娠5ヶ月を迎えました。

つわりは落ち着く気配すら見せませんが、気づくと安産祈願をする時期になってしまいました。 関連記事:妊娠初期、色々と散々だった私。やってよかった戌の日のお参り

その頃の自分は、わずかながらも親としての責任というものが芽生えていました。

なので、戌の日に向けて赤ちゃんを守るために何かできることをしようと思ったのです。

そこで、安産祈願について調べてみると、「お腹に冷え防止や保護のためさらしや専用サポーターなどを巻く」とありました。

お腹のためにいいという情報を得たので、「これは!」と思い、実行することにしました。

私が祈祷していただいた神社では、安産祈願セットというものが用意されており、腹帯やお守り、御札などがセットになっていました。

随時祈祷が行われているということで、参拝に訪れたところ次の回で祈祷してもらえると案内されました。

購入した安産祈願セットの腹帯は祈祷がされており、朱印が押されたものでした。

そして、この戌の日から腹帯を巻き始めました。

母に見せたところ、洗「い替えでもう一枚用意して交互に使ったほうがいい」と助言され、2枚を準備。

この2枚は出産のその時まで巻き続けていました。

また、2枚目として新たに用意した腹帯を巻くときは、神社の安産祈願セットに入っていたお守りを間にはさみ、お腹を護ってもらうことに。

そして臨月は真冬だったので、腹帯の上からさらに腹巻を巻いて過ごすこともありました。

週数が進み、お腹が大きく成長していくにつれ、帯をお腹に巻く回数は徐々に減っていきました。

入浴時に腹帯をほどくと、下腹部がずっしりと重く感じ、腹帯を巻いているおかげで重苦しさが軽減されていることを実感します。

結局つわりは妊娠8かヶ月ごろまで続きましたが、「腹帯のおかげでお腹が護られている」という安堵感からか乗り切ることができたと思っています。

関連記事:どっちが本当?「腹帯しないと逆子になる」「別につけなくても」…妊婦を惑わす異なる意見 by ゆうひまほ

出産を無事に終えることができ、その後役目を終えた腹帯は裁断して布おむつとして使っています。

洗って巻いてを繰り返していたこともあり、綿特有の張りや硬さはだいぶ薄れたせいで、肌なじみよく愛用しています。

f:id:akasuguope01:20170729093432j:plain

著者:miuco

年齢:31歳

子どもの年齢:0歳7ヶ月

一児の母で。主人と私と子の3人家族です。2年の妊娠活動を経て、現在生後7ヶ月になる娘の育児に追われる日々を過ごしています。産後の肥立ちが思わしくなく、初めての子育てと身体の回復に5ヶ月ほどの月日を要しました。里帰り中は私が子のお世話を、親が私のお世話をする状態でした。親には感謝してもしつくせません。里帰り中、主人は久しぶりの一人暮らしを謳歌していたようです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「つわりも乗り越えられる!」そう思っていたのに、いざ来たら四六時中「気持ち悪い」
「うっ!」ドラマのように急に吐き気が込みあげる。はっきりわかったつわりのピーク
いつまで続くのつわり地獄!陣痛なんて比じゃないほど壮絶な戦いに

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。