ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ピアノ1台で男性2人が華麗な演奏「鍵盤男子」がアツイ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ピアノ1台で男性2人が華麗な演奏「鍵盤男子」がアツイ
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。11月24日(金)のオンエアでは、大井健さん、中村匡宏さんによるピアノデュオ「鍵盤男子」がゲストに登場しました。

1つのキーボードで2人のピアニストが演奏するという「鍵盤男子」。カビラの「狭くないですか?」という質問に、「狭いですね、本当は160くらい鍵盤が欲しいですけど(笑)」「でも楽しいですよ」と爽やかに答えていました!

2013年に結成された鍵盤男子。ともに国立音大のピアノ科と作曲科出身です。共通の先輩のユニット「LEGEND(レジェンド)」で、2人はバックミュージシャンをしていたそう。そのうちにファンの「あの2人の演奏が聴きたい」という声が高まり、結成したのだとか。

ピアノ1台で演奏するスタイルの理由は、ほとんどのコンサート会場がピアノが1台しかないことだそうで、「1台でできるとエコだよね(笑)」と、話していました。

さらにプロフィールを伺うと、大井さんは、10代のときはお父さんの仕事の関係でイギリスで暮らしていたそう。メンデルスゾーンの末裔の方からピアノを学び、コンクールで数多くの賞を獲得。現地で演奏活動をしていたとのこと。一方の中村さんは、家の倉庫の片隅にあった古いエレクトーンを触ったのがきっかけで、その後、作曲科に進学し現在に至るそうです。

そんな「鍵盤男子」は11月29日(水)にアルバム「The future of piano」でメジャーデビューします。タイトルにもなっているリード曲については、「『ピアノの未来ってこうだよね?』と、お客さまと一緒に考える感じで書いた曲です。こういう風に進んで行くというイメージで」と中村さん。

ちなみに、2人での演奏を始めた頃は驚きの事故もあったそうで…。

中村:小指と小指がぶつかって、鍵盤に血がついたり。でもだんだん仲良くなってくると、これが触れ合う感じになってくる、今はほとんど当たらないです。
大井:今は本当に自分の腕が4本ある感じです。
中村:楽譜に書いてないこともたくさんするので、片方が盛り上がって、もう片方も盛り上がる…という感じになると腕がぶつかっちゃうんで…。
大井:どちらかが盛り上がってるときは、どちらかが支えてあげるという法則が。

まさに阿吽の呼吸ですね!

「MUSICLICK!」のコーナーでは、ネット投票で選ばれた「Rhapsody In Blue」を演奏していただきました! カビラも生演奏を目の当たりにして「絶対にライブに行くべき!」と大絶賛!

あまりの熱演に、次の番組で控えてたナビゲーターのLiLiCoとMEGURUが踊り出す、最後まで大盛り上がりのオンエアとなりました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。