体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私、ちゃんと「大変」だったんだ…!息子に“グレーゾーン”の診断が下り、溢れてきた涙 by ナナハル

ようやく迎えた3歳児健診!・・・・心理士さんによるカウセリング!! 前回エピソード:発語の遅れ、こだわりの強さ、人一倍激しい癇癪…。息子はまわりの子と少し違う…? by ナナハル

心理士さんと少し話をしたのち息子の「テスト」が始まりました。

私はありのままの息子を見て欲しかったのでなるべく助け舟は出さず、

息子が困っても背中をポンポンし「大丈夫」と言うだけにしました。

(今日無理していいところばかりを見せても意味がないので・・・)

そういった意味では少し疲れた状態での診断の方が息子も無理できず素が出てよかったと思います。

内容は絵のついたカードを使った診断、

「カサ、の、カード、ちょうだい」や「雨が、降った時に、さすのは、どれ?」などの質問でした。

息子は一生懸命悩みながらもこのあたりは大体はわかっているようでした。

それから積み木を使った診断、

重ねたり、積み木で先生と同じものを作って、というものでした。

こちらは難しくなってくると自分の好きなものを作り遊びだしてしまう息子の様子が見られました。

できるかできないかだけでなく一つ一つの息子の反応をメモを取りながら真剣に見てもらうのは、こちらもなかなか緊張するものでした。

本人(息子)もやっぱり緊張したのか途中逃げ出そうとしましたが、なんとか最後まで終えることができました。

実は1歳半健診でも希望して心理士さんに相談したのですが、「断定してはいけない」という考えが強い方だったのか、

どう思うかの意見を一言も言わず(「子供って無邪気よね~あらまぁ元気ねぇ」など)意見を聞きに来た私としては不完全燃焼で終わったことがあったので少し不安だったのですが、

この日出会えた心理士さんはズバッと言ってくださいました!!

「言語発達はだいたい1年半遅れ、それ以外もやや幼くマイペース、

いわゆる “グレーゾーン ”※ だと思います!!」

・・・とのことでした。

(※発達障害児と健常児の間、まだ判断できないような部分のことらしいです。)

言語の遅れ予想ドンピシャ!!

それ以外もやっぱりあったのか・・・

という感じでした。 関連記事:療育に通う意味って?発達障害は発達しない障害じゃない! by なないお

ハッキリおっしゃって頂き療育も勧めてくださり向かうべき道がわかりすっきりしたのですが、いざ「グレーゾーン」と言われてみると頭の中では思ったように整理がつかないもので、

家に帰り家事がひと段落し1人になった時・・・

f:id:akasuguedi:20171117105930p:plain f:id:akasuguedi:20171117110446p:plain f:id:akasuguedi:20171117112529p:plain f:id:akasuguedi:20171117112554p:plain f:id:akasuguedi:20171117110002p:plain
1 2 3次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。