ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大学生が選んだ「エモい」5曲、バラエティ豊かすぎ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大学生が選んだ「エモい」5曲、バラエティ豊かすぎ!
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。木曜はいきものがかりの水野良樹とお送りしています。11月23日(木)のオンエアでは「SONAR TO THE NEXT」コーナーで、J-WAVEの無料会員サービス「J-me」で大学生会員に聞いた「エモい」と思う曲のアンケート結果を発表しました。

ひとくちに「エモい」といっても、定義も人それぞれで、その結果、ジャンルはバラバラになったそうです。ちなみに「エモい」は「エモーショナル」(感情的)からきている言葉で、水野は「『エモい』って、単純に『ハッピー』とか『楽しい』っていうことじゃないんだよね」と興味を寄せていました。こちらでは、紹介された作品とアンケートのコメントを紹介します。

◯WANIMA「ともに」
・とても勇気を与えてくれる明るい曲だけど、歌詞がエモーショナルな部分が刺さる。

◯Billy Joel「Piano Man」
・メロディを聴くと感動する。脊髄に染み入って、鳥肌を立たせる曲だから。

◯いきものがかり「明日ハレルカナ」
・嬉しい時も悲しい時も、いつでも側にいてくれる曲だから。どんな感情の時でも、しっくりハマる歌詞も大好き。

水野も思わず「ありがとうございます! (いきものがかりの)山下、聞いてるか!」と問いかけていました(笑)。

◯交響詩「フィンランディア」
・“フィンランドの第二の国歌”とも言われるほどの曲で、ロシアから独立を図ったフィンランドのプライドや歴史にエモくなります。

◯My Hair is Bad「卒業」
・声がエモいから。

藤田はMy Hair is Badについて「『今年の台風の目』みたいなところはあるかもしれませんね」と感心していました。

次回(30日)の放送では、そのMy Hair is Badのヴォーカル・ギター、椎木知仁さんと水野の対談をお届けします!

水野は「声や特徴的な歌詞のイメージからして、ごっつい人が来るのかと思ったら、ものすごくイケメンだった! 真っ直ぐな方で、非常に好感が持てました。こういう人から、こういう言葉やパフォーマンスが出るなんて、より興味が湧きました」と印象を語りました。

ちなみに、“いきものがかりの「エモい曲」”を生放送中にリスナーにアンケートをとったところ、こちらもバラエティ豊かな回答だったそうです。そんな中で1位は「コイスルオトメ」。また、「DAILY SESSIONS」コーナーでは、水野が自ら演奏しながら作曲法を解説しました♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。