体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワンパターンをどうにかしたい!魚料理のレパートリーの増やし方「ぶりのチキン南蛮」編

f:id:sakanaya-sandaime:20171124111055j:plain

鮮魚店をやっていると、お客様から「魚料理のレパートリーが少なくて……」「家の子にもっと魚を食べて欲しい!」なんてお悩み、よく聞きます。いろいろとアドバイスをさせていただく中で、実践しやすいのが「好きな肉料理の具材を魚介に変える」こと。がっつり系のメニューもおいしくヘルシーにできるので、オススメの魚やレシピをお客様にご紹介してますよ。

たとえば、豚肉で作る酢豚をカジキで作ったり、ひき肉の代わりに鮭や白身魚を使ったコロッケもおいしいです。今回はそんな肉→魚アレンジの1つ、旬のぶりを「チキン南蛮風」に仕上げてみました。

タルタルソースは市販のものでもOKですが、今回はオリジナルレシピもご紹介。甘酢ダレが染みた衣に合う和風タルタルソース、これがウマいっす!

魚屋三代目の「ぶりでもできる! ぶりのチキン南蛮風」

【材料】2人前

ぶりの切り身 2切れ レタスなどの野菜 お好みで 卵 1個 薄力粉(小麦粉) 大さじ3 塩 少々 胡椒 適量 サラダ油 適量 パセリのみじん切り お好みで

(A) しょうゆ 大さじ2 みりん 大さじ2 酢 大さじ1 砂糖 大さじ1 ショウガのしぼり汁 小さじ1/4

(B) ゆで卵 2個(みじん切りにする) 玉ねぎみじん切り 1/4個分(水にさらして辛味を抜き、水気を十分に切っておく) ラッキョウ(甘酢漬け、市販のもの) 5~6個(みじん切り) マヨネーズ 大さじ3 ヨーグルト(無糖) 大さじ1(無ければ抜いてください) 塩 少々 胡椒(粗挽き黒胡椒おすすめ) 少々

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20171124111107j:plain

1. ぶりの切り身の皮を包丁でそぎ取る。

f:id:sakanaya-sandaime:20171124111134j:plain

※皮は食べる時に口に残るので取り除くのがオススメ! 血合い骨がある場合も食べやすいよう抜くと良いでしょう。

f:id:sakanaya-sandaime:20171124111115j:plain

2. (A)は鍋に入れて煮立たせ、気持ち煮詰めたら火を消して冷まし、甘酢ダレを作っておき、

f:id:sakanaya-sandaime:20171124111111j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。