ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ロード、オーストラリア同性婚合法化を受けホイットニー・ヒューストンをライブでカヴァー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ロード、オーストラリア同性婚合法化を受けホイットニー・ヒューストンをライブでカヴァー

 ニュージーランド出身のロードが、オーストラリアの同性婚合法化を受け、現地時間2017年11月21日に行ったライブで、ホイットニー・ヒューストンの「すてきなサムバディ」(I Wanna Dance With Somebody)をカヴァーした。

 この日、オーストラリアのシドニーでライブを行っていた彼女。「同性婚合法化おめでとう」と話したロードは、観客から渡されたレインボーの旗を肩にかけ、ピアノの伴奏とともに「すてきなサムバディ」のコーラスを歌うと大きな歓声があがった。そして「みんなのことをとても誇りに思うわ」とエモーショナルに語りかけると、観客から「泣きそうじゃない!」という言葉が。それを聞いたロードは、「このショーは泣くためにあるのよ。みんながわかっているかどうかだけど」と微笑みながら話した。

 今週ホイットニーをカヴァーしたのは、先週日曜日に行われた【アメリカン・ミュージック・アワード】(AMAs)でのクリスティーナ・アギレラに続き、2人目となった。ロードは、この後にブリスベン、キャンベラ、メルボルンでもライブも控えている。

◎ファンによる投稿
https://twitter.com/LordeDaily/status/933064106864730117

関連記事リンク(外部サイト)

ロード、ライブでブルース・スプリングスティーンをカヴァー
メジャー・レイザー、ロードとのコラボ曲を近々リリースか?
「ポップ・ミュージックを作っていると、自分を見失わないように戦わなきゃいけないことが多々ある」― ロード 来日インタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。