体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“クサイ飯”は本当にクサイのか?東京拘置所「矯正展」で売られる「プリズン弁当」を食べて真相を探ってみた

f:id:Meshi2_IB:20171025141540j:plain

東京スカイツリーライン小菅駅で電車を降りると、高架駅のホームから非常に変わった形をしたビルが見えた。

f:id:Meshi2_Writer:20171015172807j:plain

窓を数えると縦に12、横はそれ以上の数がある。しかもそれが三方に広がっていた。さっそくグーグルアースで建物の形を確認してみる。すると電話の米印(*を横にした記号)と同じ形をしていることがわかった。放射状の形をした12階建てのビル。

こんな建物、今までに見たことがない ──

東京拘置所に来ていた。ここは全国に8カ所ある拘置所のひとつで日本最大のもの。

ここに収監されているのは未決拘禁者(刑事被告人)、死刑確定者(死刑囚)、懲役受刑者(移送待ちの一時執行受刑者)で収容人数は約3000名にのぼるという。

普段は建物の中の様子どころか、敷地にすら入ることの出来ないこの拘置所。しかし年に一度だけ開放される機会がある。

それが9月30日に開催された「東京拘置所矯正展~『まち』とともに~」だ。

f:id:Meshi2_IB:20171023162815j:plain

これは東京拘置所側が、地域とのつながりを深めるために行っているイベント。秘密のベールに覆われた拘置所にこの日だけ、近づくことが出来るのだ。

これは興味がそそられるではないか。ということで、筆者はわざわざこのイベントの機会にあわせて小菅にやってきた。

『メシ通』というサイトだけに、お届けするのは、食を中心としたレポートである。

塀の中と食という話題でいうなら最大の疑問がこれだ。

いわゆる”クサイ飯”は本当にクサイのだろうか。

どうやら、このイベントで売られている弁当が通称「プリズン弁当」として大変好評であり、うわさによれば「拘置所内で被収容者向けに提供されている食事をそっくりそのまま再現している」らしいのだ。

いったいそれはどんなものなのか? 果たしてどれほどの「再現度」なのだろうか。

いざ拘置所敷地内へ

f:id:Meshi2_IB:20171023185642j:plain

では、最寄りの小菅駅 からレポートをスタートしよう。

目指す東京拘置所は、小菅駅から10分ほどで到着。

f:id:Meshi2_IB:20171023164416j:plain

まずは荷物検査場で荷物チェックを受けなければならない。武器などの持ち込みを制限しているのだろう。場所が場所だけに、さすがに入場の時点で厳重だ。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会