体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まつもとゆきひろ氏・笹子CTOが「メディカルケアステーション」で目指す医療・介護業界の改革とは

ソーシャル医療プラットフォーム「メディカル・ケア・ステーション」とは

エンブレース(embrace)には「抱きしめる」という意味がある。医療介護に特化した情報流通とコミュニケーションを通じて、患者や家族を「抱きしめるように」支えていくというのが、日本エンブレースの企業理念だ。

事業の柱は、医療者、介護従事者、患者、家族のコミュニケーションを潤滑にするソーシャル医療プラットフォーム「メディカル・ケア・ステーション(MCS)」。2013年のリリース以降、ソーシャル時代にふさわしいプラットフォームとして、多くのユーザーに支持されてきた。

▲完全非公開型 医療介護専用SNS「メディカルケアステーション

全国に891ある医師会のうち現在は200以上が採用、27,000を超える医療介護関連施設が参加する。日常の診療、治療、ケアの現場で急速に利用が拡大している。

例えば在宅医療介護では、患者とその家族は、かかりつけの医師、自宅を訪問するケアマネージャーなどと、専用のアプリを通してが頻繁にコミュニケーションを行う。

「お薬を飲みましたか」「今日の気分はいかがですか」などの医師や介護士あるいはボットからの問いかけに、テキストを入力したり、フェイススケールを選んで答えることで、自宅にいながらにして、あたかも医師介護の専門家がベッドのそばについてくれているような環境で患者は治療に専念できる。

「一種のバーチャルホスピタルという言い方も可能だと思います」と言うのは、日本エンブレースシステムの市場啓伸氏だ。

株式会社日本エンブレース システム開発事業部 ディレクター 市場啓伸氏

当初からプラットフォームとしての開発を意識したのは、外部システムとの連携を容易にするため。RESTFULやOpenID Connect対応のAPIを開放することで、電子カルテやレセプトソフトといった医療システム、地域医療ネットワーク基盤システム、遠隔医療サービスまであらゆる外部システムと連携が可能になっている。

一方でMCSは「MCS App Framework」と呼ばれる開発基盤を外部に提供。
治療・介護、ヘルスケア分野などのアプリケーションを最適な形で開発するためのモジュール群やUI/UXを部品化することで、外部の企業が医薬品や薬剤の服薬・投与支援、副作用管理、介護や健康維持、予防などのケアプロセスをサポートするアプリを開発することを容易にしている。

MCSは、患者や医療・介護従事者の利用料は一切無料だが、APIを活用してシステム連携やアプリ開発などを行う外部企業には有償サービスとして提供される。これが同社の収益源になる。

医療介護情報は高度な個人情報でもあるので、コミュニケーションにおけるセキュリティ担保も重要だ。MCSは、厚生労働省および日本医師会より通達されている指針に則って設計された完全非公開型の医療介護専用SNS。

メッセージのやりとりは一人の患者を起点にした同一グループのメンバーにしか公開されない仕様になっている。

「現在は主に在宅医療の現場を中心に活用されていますが、今後は入院・通院、病院連携、さらには医療分野を超えて子育て支援などに広がる可能性を秘めています」
と、市場氏はプラットフォームの成長性を語る。

まつもとゆきひろ氏がエンジニアのモチベーションを高める

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会