体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬限定! 白い『アーモンドチョコレートホワイトベール / マカダミアチョコレートホワイトベール』

冬は寒くて辛いこともあるけれど、ホワイトチョコ・ファンにとってはほぼ祭りの季節。各メーカーから普段は黒いチョコが、白くなって発売されることが多いから。『アーモンドチョコレートホワイトベール / マカダミアチョコレートホワイトベール』もホワイトチョコ・ファンなら必ず味わいたい冬季限定商品だ。

冬はホワイトチョコの季節。チョコは白い方が好きという人にとっては最高のシーズンだ!

別に冬にとれるものが素材というわけではないが、ホワイトチョコレートというとだいたい冬にフィーチャリングされることが多い。ホワイトクリスマス的な流れなのかもしれないが、普段は黒系のチョコも冬限定でホワイトバージョンが発売されることも多いから、ホワイトチョコファンにとっては、寒かろうが何だろうがうれしい季節である。


明治『アーモンドチョコレートホワイトベール / マカダミアチョコレートホワイトベール』(59g/63g・希望小売価格 税抜220円・2017年10月17日発売)もやはり冬季限定。ホワイトチョコファンの記者としては通年商品として流通してほしいものだが、まあ贅沢は言わないことにしよう。

■『アーモンドチョコレートホワイトベール』

濃厚ミルクが美味しいホワイトチョコレートで、カリッと香ばしいアーモンドをコーティングしたのが、『アーモンドチョコレートホワイトベール』。内袋にコロコロと入っているのだが、ついついあとを引く美味しさに一気に一箱開けたくなるアーモンドとホワイトチョコのハーモニー。


太ったり、虫歯になったり、健康面で不具合が起きたりしないなら、永遠に食べられるそのハーモニー。甘いチョコ部分と甘くないアーモンドなので、ホワイトチョコ単体よりもより食べ続けられることは確か。

 

■『マカダミアチョコレートホワイトベール』


こちらは高級感たっぷりに大きめの箱に、内袋を開けると型に入れられた9粒がお目見え。濃厚まろやかミルキーなホワイトチョコに白っぽいマカダミアナッツという組み合わせは、失敗する気がしない。


案の定、ホワイトチョコファンにとっては、よりホワイトチョコらしさを高めてくれる白っぽいナッツ感がたまらなく美味しい。これも永遠に食べ続けられる製品。この美味しさはもはや高級スイーツの仲間。200円代で味わえるのは非常にうれしい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会