ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【賢い洗濯術】セスキ炭酸ソーダでお手軽クリーニング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【賢い洗濯術】セスキ炭酸ソーダでお手軽クリーニング

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯方法をご紹介。通常の洗濯方法から、ガンコな汚れを落としやすくする予洗い方法、血液汚れの落とし方など、ナチュラルクリーニング初心者必見の情報が満載!

目次

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯のメリット

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯術

 

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯のメリット

© PIXTA

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性の粉状をしています。
洗剤より強い洗浄効果を持つとは言えませんが、実はセスキ炭酸ソーダによる洗濯には、こんなメリットが存在するんです。

 

軽い汚れから予洗いまで

セスキ炭酸ソーダは軽い汚れなら落とすことができます。タンパク質を分解する作用から、布ナプキンなどの血液汚れの洗濯に向いています。
セスキ炭酸ソーダで予洗いすることで、汚れを落としやすくする効果も期待できます。
ちなみに泥や油などを落とすことには向いていません。

 

水に溶けやすい

水に溶けやすいため、洗剤を使用した洗濯と異なりすすぎが1回で済むという利点があります。
また一般に使用される粉末洗剤のように、溶け残りがカビの温床になるということもありません。

 

消臭効果

重曹のようにセスキ炭酸ソーダにも消臭効果があります。
どんな臭いでも消臭できるわけではありませんが、そのアルカリ性によって、汗などの酸性の臭いを中和して消臭することができますよ。

 

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯術

セスキ炭酸ソーダを使ったナチュラルクリーニングのやり方をご紹介しましょう。

 

【洗濯術1】セスキ炭酸ソーダの洗濯術

© PIXTA

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯は、つけおき洗いが基本。
手荒れをしてしまうこともあるので、ゴム手袋を着用するようにしましょう。

【用意するもの】

セスキ炭酸ソーダ・・・大さじ1杯

水・・・30リットル

【セスキ炭酸ソーダを使った基本の洗濯方法】

セスキ炭酸ソーダを洗濯物と一緒に洗濯槽へ。

指定量の水をはって1分ほど洗濯槽をかき混ぜ、3時間程度を目安につけおきにします。

その後、洗濯機のスイッチを入れます。つけおきしたぶん汚れが落ちやすくなっているので、約3分の洗いでOK。

 

【洗濯術2】強力な汚れの場合

© PIXTA

ガンコな汚れに対してセスキ炭酸ソーダはあまり効果がありませんが、洗濯した時に汚れを落としやすくすることはできます。
襟などの汚れ部分を洗濯用石鹸で部分洗いする前に、セスキ炭酸ソーダをかけてみて。

【用意するもの】

セスキ炭酸ソーダ・・・小さじ1杯

水・・・500ミリリットル(カップ2杯半)

スプレーボトル・・・1本

洗濯用石鹸・・・適量

ブラシ・・・1本

【セスキ炭酸水スプレーの作り方】

セスキ炭酸ソーダと水をスプレーボトルにセット。

よく振って、セスキ炭酸ソーダが溶ければセスキ炭酸ソーダ水スプレーの完成です。

【セスキ炭酸ソーダを使った予洗い方法】

汚れがひどい部分にセスキ炭酸水スプレーを吹きかけます。

しばらく置いたあと、洗濯用石鹸を塗りつけてからブラシで汚れをこすり落としましょう。その後、いつもと同じ洗濯をしてください。

 

【洗濯術3】布ナプキンの洗浄剤として

紙ナプキンと違って繰り返し使用できる布ナプキンですが、ナプキンに付着した血液汚れ落としならセスキ炭酸ソーダの出番。
ただしシルクはアルカリに弱いため、布ナプキンそのものを傷めてしまう可能性も。
つけおきにする前に、布ナプキンの素材はしっかりと確認しておきましょう。

【用意するもの】

セスキ炭酸ソーダ・・・小さじ1杯

水・・・1リットル

ボウル・・・1個

【セスキ炭酸ソーダを使った布ナプキンのつけおき方法】

血液で汚れている部分は、あらかじめもみ洗いを行っておきます。50度以上のお湯で洗うと血液が凝固してしまい落ちにくくなってしまうので、必ず40度以下のぬるま湯か、水で洗うようにしてください。

ボウルにセスキ炭酸ソーダと水を入れてよく混ぜます。ボウル以外でも、フタ付きの容器ならつけおき中に目に入らずに済むというメリットがありますよ。

セスキ炭酸ソーダ水に布ナプキンを入れて放置します。あまり長く置いておくと雑菌が繁殖してしまいかえって逆効果なので、つけおきは長くても1時間程度にしておきましょう。

血液が十分落ちたら、洗濯機で通常の洗濯を行ってお手入れ完了です。

 
いかがでしたか? 今日の洗濯からセスキ炭酸ソーダをぜひ活用してみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Pacomaの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。