ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビットコインをわざわざ決済手段に導入する理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビットコインをわざわざ決済手段に導入する理由

日本国内での取引量が最も多い仮想通貨がビットコイン(Bitcoin)。取引価格が急上昇して億超えの利益を得るビットコイン長者が出現するほどです。とはいえ値動きが激しいため、なかなかビットコインに手が出せない人も多いでしょう。そんなビットコイン取引を始めるための最新トピックを紹介します。

ビットコインの値上がりは期待感

ビットコインの取引量の増加に伴うデータ処理の方針について、一部開発者と中国系投資家(通称マイナー)が対立。その結果、2017年8月1日にビットコインから分裂した新通貨「Bitcoinキャッシュ(BCC)」が誕生しました。

これを受けて、ビットコインの価格は一時乱高下したものの、その後は回復。こうしたトラブルはビットコインに限らず頻繁に起きていますが、それでも値上がりが続く背景には、仮想通貨に対する強い期待感があるためです。

ビットコインの高騰を後押しするのは、決済手段としての利便性が高まっていることに他なりません。例えばビックカメラ・コジマ・ソフマップの一部店舗では試験的にビットコイン決済を導入しました。

ビットコインで客を呼び込みたい

また、格安航空会社のピーチ・アビエーションでも航空券の購入が可能になる予定。ターゲットとしているのは元々ビットコインになじみのある中国人をはじめとした訪日外国人で、そうした観光客を呼び込みたい店が導入を加速させています。

期待が大きい一方で、仮想通貨自体にシステムや制度面の問題も少なくありません。取引量第2位「Ethereum(イーサリアム)」は、2017年7月だけで4度のサイバー攻撃を受け総額約9億円相当が消失しています。

中国では仮想通貨発行による資金調達を「経済と金融の秩序を乱す違法な活動」として全面禁止にしたことで価格が急落。中国の3大取引所が取引停止を発表するなど、発展途上の通貨ゆえの弊害も多いのです。

関連記事リンク(外部サイト)

流木の販売は元手ゼロで始められるアツい副業
副収入がマイナンバー導入後でもバレない裏ワザ
転売なら一番簡単に利益が出る家電アウトレット
UFOキャッチャーの景品フィギュアを高値で売る
転売よりも確実に儲かる購入代行の料金システム

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。