体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EMPiRE、ファンクラブイベントにてお披露目ライヴ「一生の自慢になるくらい大きな帝国にしていきたい」

EMPiRE、ファンクラブイベントにてお披露目ライヴ「一生の自慢になるくらい大きな帝国にしていきたい」

エイベックスとWACKによる共同プロジェクト「Project aW」から誕生したアイドル・グループ「EMPiRE」が、11月23日(木祝)、六本木Morph-Tokyoにて、お披露目ライヴを開催した。

EMPiREは、8月23日のZEPP TOKYOで開催されたBiSHによるフリー・ライヴ〈TOKYO BiSH SHiNE3〉のステージに覆面の衣装で登場、フォロワーが1万人を超えなければ顔出しNGという条件が課せられたが見事達成、顔出しを果たした。その後ネット上で「EMPiRE is COMiNG」「TOKYO MOONLiGHT」の2曲が公開されたものの、どちらもマネージャーの渡辺淳之介ver.で、未だベールを被り続けてきた。

そんな状態の中、入会金3万円 / 150人限定のファンクラブ「EMPiRE CORE」が設立されると、受付開始から瞬く間に完枠。さらに150名の中から追加年会費のオークションを実施し、入札額が高い順から5名を「ROYAL EMPiRE」として1年間任命。EMPiREからの最高のおもてなしが受けられるアップグレードプランが用意されていたことも注目を浴びた。

そんな期待値の高い中で行われたお披露目ライヴには「EMPiRE CORE」入会者たちが招待。「ROYAL EMPiRE」の5名に関しては、開場前にメンバーとともにリムジンデートが用意されており、車内ではメンバーたちとコミュニケーションを取ったり、ゲームをして遊んだりと、VIP待遇が用意されていた。

そして16時、「EMPiRE CORE」全員が待つステージにてライヴが開演した。

まずは渡辺淳之介がステージに登場。「EMPiRE COREにようこそ!! 今日は記念すべき初ステージになります。客席側の緊張が伝わってくるなあ(笑)。歴史的瞬間だと思うので本当に目に焼き付けてくれたらなと思います」とメンバーを呼び込んだ。

ステージ用の新衣装に身を包んで登場した5人のメンバーは、「EMPiRE is COMiNG」で初めてのライヴを行なった。たどたどしさはあるものの、5人でのフォーメーションを組みながら、サビでは手を上空に振り上げるなど全力のパフォーマンスを見せた。

1曲目が終わるとメンバーの自己紹介、そしてWACKアーティストにとっては恒例となった”EMPiRE3か条”をYUiNA EMPiREが発表した。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 
その1、EMPiREのファンの総称は「エージェント」とします。EMPiREのエージェントとして情報を収集し、かつ宣伝活動をお願いします。

その2、ライヴ時の写真撮影はOKです。動画、録音は禁止です。エージェントなのでバレないようにしてもらえればOKですが、SNSなどでばらまくと他のエージェントから全力で潰されます(笑)。

その3、リフト、ダイブ、サーフなどの危険行為は禁止です。エージェントのみなさん、全員で楽しめるよう、素敵な現場を作っていきましょう。
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 

続いて披露されたのは、MAYU EMPiRE作詞の「TOKYO MOONLiGHT」。ディスコ調のサウンドと激しい振り付けで、1曲目とは雰囲気の違ったステージを見せた。

再び渡辺淳之介とトークを行い、メンバーそれぞれがこれからの活動に対しての決意表明を行なった。


YU-Ki EMPiRE「私はライヴや作詞など、普通の生活をしていたらできない刺激を受けたくて、このオーディションに参加してEMPiREに加入することができました。最初はダンスも歌も自信がなくて、本当に私で大丈夫かな… という気持ちも強かったんですけど、他の4人のメンバーと一緒に練習や話し合いをする中で、私はこの中にいたい、私の居場所をここに作りたい、と思うようになりました。自信がないっていうのは他のメンバーとか、支えてくださっているみなさんとか、応援してくださっているみなさんに失礼だなと思うようになって、今ではもっとがんばらなきゃっていう前向きな気持ちになってきました。まだ未熟な私ですが、みなさんと一緒にEMPiREを圧倒的な存在にしていきたいと思います」

MAYU EMPiRE「EMPiREに入るまではバイトを週3でして、あとは家にいるだけの生活をしていたんですけど、本当に毎日ダメだなー、本当に自分はダメだなと思っていて。人生を変えたくて、自分を変えたくて(オーディションを)受けたんですけど、受かると思っていなくて。受かったときは、これから人生はじまったなと思っていたんですけど、グループに入って活動をはじめていくうちに、私はここにいるべきじゃないんじゃないか… とか自問自答を繰り返すようになって。でもEMPiREの活動に対してはずっと前向きでいられていて。それはメンバーが好きだっていうことと、音楽も好きだし、スタッフさんとかファンのみなさんとかいっぱいいるのがわかるから、その人たちの気持ちを考えたら…。(涙を我慢する) すいません。すごく嬉しくて、幸せなことだから。それでがんばろうと思って今までやってきました。今日が本当にスタートだから、みんなと一緒に旅を続けたいなと思います」

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。