ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あの名シーンに青春が集約?竹沢うるまが推す映画

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あの名シーンに青春が集約?竹沢うるまが推す映画
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。世界140ヶ国以上を旅してきた写真家の竹沢うるまさんが、「旅に出たくなる映像作品」をテーマに、とっておきの映像作品をセレクトしているこの週。最終日の11月23日(木)のオンエアでは「トレインスポッティング」を紹介しました。

舞台はスコットのエジンバラ周辺。主人公の青年が、ドラッグに溺れている人たちの中で、青春時代を過ごしていくというお話です。

竹沢さんによると「仲間との関係が少しずつギクシャクしていくところがあって、最終的には主人公が仲間の元を離れるんですけど、それはある意味、青春からの旅立ちを象徴してるんです。最後に橋を渡っていくシーンが好きで、そのシーンでかかる音楽も素敵です」とのこと。

さらに、青春映画ならではの描写もされているそうです。

「若者特有の悶々とした感じ、生きていくとはどういうことなのか、大人になるとはどういうことなのか、社会に適応していくとはどういうことなのか…いろいろな葛藤や出来事が展開していきます。また、エジンバラの歴史ある街並みは、写真を撮る人間にとって、非常に印象的です」(竹沢さん、以下同)

実は、竹沢さんは今年の6月にエジンバラに足を運んだそうです。街を歩いていると、全てが「トレインスポッティング」の舞台に見えたそうで、それほど映画が印象に残っていたということを、エジンバラに行って実感したとか。

「映画の冒頭で、主人公ともう一人が街中を逃げるシーンがあるんですけど、逃げる途中で車に轢かれそうになって、運転手に向かって皮肉っぽく笑うシーンがあるんです。”青春”というものが、その走っているシーンに集約されている気がして『エジンバラの街で走れば、青春の感覚が取り戻せるんじゃないか』と思いました。結局、走んなかったですけどね(笑)」

と語りました。別所もこの作品が大好きだそうです。90年代のポップカルチャーの代名詞となり、社会現象まで引き起こした名作です。

なお、今週、竹沢さんは、20日の放送では「シティ・オブ・ゴッド」を、21日は「スラムドッグ$ミリオネア」を、22日は「きっと、うまくいく」を紹介してくれました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。