体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外とヘルシー!? 家飲み女子におすすめの「おうち居酒屋レシピ」

意外とヘルシー!? 家飲み女子におすすめの「おうち居酒屋レシピ」
気温がぐんと下がる寒い冬は、おうちでまったりゆっくりご飯やお酒を楽しみたいですよね?

今、SNSでも人気が高まっているのがおうちで作れる居酒屋レシピなんです。家飲みをする場合は、いつもの献立にお手軽な居酒屋メニューを加えてみると、雰囲気も出てより楽しめると思います。

今回は、居酒屋でおすすめのメニューランキングや、女性に嬉しいおうち居酒屋レシピを、栄養士の横川先生に教えていただきました。

居酒屋レシピが流行っている背景 

家飲み 

年々消費税も高くなってきていることから、節約志向の影響と同時にスーパーやコンビニなどの中食市場の拡大。これにより美味しいお酒とおつまみがお店に行かなくても今は手軽に手に入る時代になったことが大きいことが考えられます。

しかし、おつまみまでもスーパーで買うのではなく、おうちで作るスタイルへと変化した背景にはインターネットが普及したことにより、誰でも自分好みのレシピをいつでもどこでも発見できることが関係しているでしょう。

それによって今は節約意識だけに留まらず、自宅で家族や友人と過ごす時間を充実させたいと考える人が増え、居酒屋レシピも充実してきています。

そもそも居酒屋メニューって健康に良いの?

居酒屋メニュー 

居酒屋料理は、揚げ物や漬物といったメニューが多く、高脂肪で塩分の高いイメージではないでしょうか。確かに、そのような料理をお酒と一緒におなかいっぱい毎日食べていれば健康を害する可能性が高くなります。

しかし、居酒屋はメニューの選択肢は多く、選び方によっては体に必要な栄養素の補給ができます。おすすめは冷奴や刺身、枝豆などの定番メニュー。これらは低カロリーで体に必要なたんぱく質補給にも活用できます。

また冷奴や刺身は醤油をつける量も自身で調節がしやすく、塩分の摂り過ぎ予防にも◎です。

他にはカルパッチョや焼き魚なども良いでしょう。このように、主にあまり手を加えられていない生か焼きものを選ぶことがポイントになります。

そのため、居酒屋だから健康を維持できないと思い過ぎず、「選び方」や「食べ方」を見直してみるのがおすすめです。

おすすめの居酒屋メニューベスト5 

1位:冷奴

冷奴

素材に近いシンプルなメニューは余計な調味料や材料の摂り過ぎを予防。ダイエット中に嬉しいメニューの1つ。また大豆ペプチドが代謝を上げ、脂肪燃焼を高めてくれることも期待できます。

2位:刺身

刺し身

刺身は低カロリーなうえ、イワシなどの青魚はオメガ3系といわれる良質な脂もとれ、こちらも脂肪燃焼に役立ちます。

また、薬味であるわさび、ニンニク、生姜などを添えて食べることで抗酸化力もアップします。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。