体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「工芸展」ではなく「工芸アートフェア」に行くべき、たったひとつの理由。

「工芸展」ではなく「工芸アートフェア」に行くべき、たったひとつの理由。

まずは自由に観てみてほしい。「工芸展」ではなく「工芸アートフェア」に行くべき、たったひとつの理由。上出 惠悟《甘蕉 房 色絵蜃気楼文》
194×100×113 mm / 磁器 / 2017
撮影:山口 賢一

「工芸展」ではなく「工芸アートフェア」に行くべき、たったひとつの理由。中島 晴美《開示する形態 -1605》67×39×39mm / 磁器 / 手練り / 2016 「工芸展」ではなく「工芸アートフェア」に行くべき、たったひとつの理由。

大久保 陽平《SUPONJI》
29×57×95 mm / 陶磁器土 / 泥漿成形 / 2017

「工芸展」ではなく「工芸アートフェア」に行くべき、たったひとつの理由。

荒谷 翔《水月花》
直径520 × 高さ220 mm / 磁器 / ろくろ / 2013年

「工芸展」ではなく「工芸アートフェア」に行くべき、たったひとつの理由。

高橋 良《HALO》
2016 / 絹本墨彩 軸装 / 井上雅博(表具師)

くだらないけど気になるもの。
さっぱりわからないままのもの。
かわいい、きれい、と思うもの。
もしかすると、ほしいと思うもの。

言語化できなくてもいい。理解できなくたって大丈夫。すべては自分の主観だから。それがアートを、何よりも楽しくするから。

注:「工芸展」ではありません

冒頭で紹介したアート作品は、11月25日(土)・26日(日)に金沢で行われる『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』で観ることができるものだ。

『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』は、工芸に特化した「アートフェア」だ。ホームページにはその趣旨がきれいにまとめられている。記事を書くにあたって、私も金沢の伝統工芸について少しばかりは勉強して、「ああ、すごいなあ」と思ったのも事実だ。でもそれをここで紹介するのはなんか違う、と思った。

なぜなら、これは「工芸展」ではなく「アートフェア」で、ここで観ることができるのは「ファインアート」だからだ。

アートを
良し悪しで判断するな

私のアートに対する価値観が変わったのは、昔、TOKYO CULTUART by BEAMSに行ったのがきっかけだった。

CULTUARTは、アパレルブランド『BEAMS』のアートショップだ。「東京」から生み出されるアート、デザイン、カルチャーなどを総合し、現代の日本文化を世界に発信するために作られた。今は、原宿と新宿BEAMS JAPANの2店舗があり、クラフトからZINEまで幅広い作品を取り扱っている。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。