ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

GLAY、50組のカップルに向けたライブをYouTubeで全世界同時配信

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

GLAYが11月22日にYouTube による音楽ライブイベント『YouTube Music Night』に出演し、招待された50組のカップルを前にアコースティックライブを行った。この模様はYouTubeで全世界同時配信されるともあり、兼ねてより注目が集まっていた。
11月22日@YouTube Space Tokyo (okmusic UP's)

会場は東京タワーを臨むことができる六本木ヒルズ29階にある、YouTube Space Tokyo。時間になると会場の明かりが消え、TAKUROが登場し、そこからピアノと2人で自身のソロインスト楽曲「Guess Who」を披露。ビンテージレスポールが奏でる芳醇な音が夜景と共に会場を包み込んでいった。静かに曲を終えると、TAKUROの呼び込みでストリングスのカルテットが、続いてTERUが登場した。

「これは僕に冒険を教えてくれた曲です」とTERUの語りからスタートしたのは、最新アルバム『SUMMERDELICS』のリードトラック「the other end of the globe」だった。アコースティックギター、そしてピアノとストリングスのカルテットが紡ぎ出す音にTERUの歌声が混ざり合い、壮大な世界観がより際立っていた。

続けて披露したのは名曲ラブバラード「HOWEVER」。TERUは「この曲でたくさんの人と出会わせてもらった」と語り、久しぶりにピアノを交えた演奏を披露。イントロのピアノが鳴り響いただけで客席からは歓喜の声が聞こえた。

TAKUROが「今回55枚目となるシングル、沢山の人に後押しをされて「あなたといきてゆく」を収録する事になりました。また、再録されたカップリングの「時計」は僕がGLAYで一番好きな曲。「Satellite of love」は約10年前にリリースされた曲だけど、今のTERUの歌声であれば、より伝えられると思い再録しました」と、TERUが「「あなたといきてゆく」は今どうやって皆んなに愛を伝えるか、より大きな愛を感じて作りました。幅広い人に愛される曲になってほしいと思います」とそれぞれ11月22日にリリースとなったシングルに対しての想いを語り、同曲を披露。二人称にとどまらず、大きな意味での「あなた」に対する感謝と愛が込められた曲であり、アコースティックサウンドにより歌詞の持つ世界観がより際立っていった。

会場は涙しながら聞くカップル、歌を口ずさみながら聞くカップルなどそれぞれの想いに身を委ねて聞き惚れていた。この模様はライブ配信によって多くのオーディエンスへと届けられ、愛に包まれた夜はふけていった。

photo by YouTube
シングル「WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~」
発売中

【CD+DVD盤】

PCCN.00029/¥2,000+税

<収録曲>

■CD

1.あなたといきてゆく

2.時計(再録)

3.Satellite of love(再録)

4. Joker(LIVE from VISUAL JAPAN SUMMIT 2016)

5.「SUMMERDELICS」reprise

■DVD

・あなたといきてゆくMUSIC VIDEO

・シン・ゾンビ MUSIC VIDEO

・XYZ MUSIC VIDEO

・あなたといきてゆく(LIVE from Never Ending Supernova 17.5.15 市川市文化会館)

・BE WITH YOU(LIVE from Never Ending Supernova 17.5.15 市川市文化会館)

・the other end of the globe(LIVE from TOKYO SUMMERDELICS 17.7.31 お台場)

・HOWEVER(LIVE from TOKYO SUMMERDELICS 17.7.31 お台場)

【CD Only盤】

PCCN.00030/¥1,200+税

<収録曲>

1.あなたといきてゆく

2.時計(再録)

3.Satellite of love(再録)

4. Joker(LIVE from VISUAL JAPAN SUMMIT 2016)

5.「SUMMERDELICS」reprise

Amazonで購入
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。