ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

レストランジャーナリストが選ぶ今東京でオススメの店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

レストランジャーナリストが選ぶ今東京でオススメの店
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。11月22日(水)のオンエアでは、レストランジャーナリストの犬養裕美子さんをゲストにお迎えしました。

『VOGUE JAPAN』『an・an』『Discover Japan』など複数のメディアで連載を持つ犬養さんが、「レストランジャーナリスト」という唯一の肩書を使い始めて20年。ライターを始めた当時は、レストランについて書く一方で、ダイエット記事も書くなどしていたそうですが、「もう少しプロ的な目線でしっかりしたことを書ける人になりたい」と思い、この肩書を名乗りはじめたそうです。

「お店に関わるご本人たちも気がつかない、お店の立ち位置がどこにあるのか…このお店はトップを走っているのか、それよりちょっと後ろを走っているのか、全然違うところをのんびり走っているのか、それぞれの良さがあるので、そこを私は大事にしたいと思っています。別にトップを走っている人がエライという訳ではなく、ゆっくり走っている人たちの中に“こんなお店の楽しみ方があるんですよ”と口添えできれば、その後ろを伴走しているような感じで紹介をしていきたいです」(犬養さん、以下同)

トーク後半は、今年の傾向やオススメのお店を伺いました。

まず今年は、六本木にできた「エネコ東京」などバスク料理が話題を呼んだ1年で、街中にも専門店ができていると言います。日本人が好きな味付けということで、犬養さんは、この傾向は続くと予想。

そして、今回は敢えて2軒、お店を選んでもらいました。まずは銀座の「ビストロ・シンバ」。

「公園に面した、懐かしいなと思わせるいい場所で、お店の中もオレンジがテーマで、その明るさも料理の色に重なってパリらしい感じがします。ビストロ料理で料理の素材の品質は高いんですが、見た目はカジュアルで。香りを大事にする料理で、食べた後に余韻が長いんです。体の中に入ったときに非常に気持ちがいいです」とのこと。魚も肉もボリュームがあることもオススメポイントとして挙げていました。

次に挙げたのが、広尾の「Ode」というお店。

「こちらは逆に、色が全然ないんです。お店がグレーがテーマで、すごく難しい色なんですが、グレーで統一されていて、実際にグレー色の料理があるんです。サンマを使っていて、お皿もグレー、置かれた料理もグレーで、表面に薄くメレンゲを焼いたものを飾っていて、全部グレーで覆われています。中にサンマを少し炙った感じのものがあり、内蔵などを全部ペーストにしたものが周りにかかっているんですが、味がすごく深いのと、色合いがないのに味が鮮明なところがモードな感じがします」と、非常に驚きのあるクリエイティブな料理と説明していました。

Odeは驚くような仕掛けの料理が他にもたくさんあるそうで、クリスもサイトで確認しながら「美味しそう!」「すごい!」と声をあげていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。