体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋バナ収集ユニット・桃山商事が婚活相談承ります!相談者は『合理的な婚活』の漫画家・横嶋じゃのめさん【第二回】

恋バナ収集ユニット・桃山商事が婚活相談承ります!相談者は『合理的な婚活』の漫画家・横嶋じゃのめさん【第二回】

これまで1000件以上の恋愛相談に乗ってきた恋バナ収集ユニット・桃山商事(清田代表と森田専務)のお二人が、 『合理的な婚活 ~DINKsを本気で目指すおたくの実録婚活漫画~ 』を連載中の漫画家・横嶋じゃのめさんの婚活相談に回答!前回からの続きをどうぞ。 前回の記事:恋バナ収集ユニット・桃山商事が婚活相談承ります!相談者は『合理的な婚活』の漫画家・横嶋じゃのめさん【第一回】

BeingとDoing。人間の持つ2つの側面

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171115152429j:plain

森田:これまで話を聞いていて、横嶋さんからは苛立ちみたいなものをすごく感じます。

横嶋:私の原動力は、自己肯定感の低さからくる怒りが全てだと思ってます。自分の中には常に10万人の観衆がいて、何をするにも「引っ込めブスー!」ってヤジを飛ばしてくるんですよ。観衆の正体は全員自分だと思うんですけども(笑)

あとは、母や家庭環境への反骨精神から、「人生の元を取ってやる!」みたいに思っていることが苛立ちのパワーにつながっているんだと思います。

清田:なかなか根深い問題ですね。人間には“Being(ビーイング)”と“Doing(ドゥーイング)”という2つの側面があるそうなんです。“Being”は「存在」という意味で、その人の内側から発生するもの。例えば感情や欲求、生理的な反応ですね。

一方の“Doing”とは「行為」のことで、その人がやっていることや持っているもの。例えば肩書きや年収、資格や実績といったものです。“Doing”のほうは、誰の目にもわかりやすく積み上げていけるし、努力のやりようがあるわけです。

横嶋:受験勉強をがんばって希望の会社で働くことができて好きな漫画も描いている。“Doing”を積み上げた結果、今はそれなりにいいところまで登ってきた感じはあります。

清田:横嶋さんの場合、イケてなかった思春期の自分がベースにあって、そこからすごく努力して、仕事も趣味も外見もビルドアップしてきた。だからこそ男性と対峙した時に、相手の“Doing”が生ぬるいと、「今まで何して生きてきたんだよ!」と苛立ってしまう。

横嶋:あぁ。瓶底メガネだった頃の自分が、まだどっかにいるんでしょうね。

清田:一方で、自分の中にある“Being”の部分を言葉でパッケージ化しすぎていて、「私という人間はこうなんだ!」と把握している部分と、本当はあるのに切り捨ててしまっている部分がある。“Being”の部分って、ロジカルに把握できるものじゃなくて、本当は曖昧でぐにゃぐにゃしたものだと思うんですよ。

横嶋:(胸に手を当ててみる)

清田:自分の内側から発生するぐにゃぐにゃ部分を苛立つことなく共感しあえたり、そういう部分にお互いタッチしあえるような相手が、横嶋さんが言うところの理想のパートナーなのではないかな。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171116151041p:plain

横嶋:なんか…。そういう人って婚活で出会うのが難しいような気がしてきました。

森田:関係性の基礎を作る前に、段階を飛び越えて1対1でデートする間柄になってしまうのがネットの出会いの特性ですからね。本来、そこまで進むのにすごく時間がかかるはずなのに、短縮化されたゆえに置き去りにされてしまうものも多い。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。