体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画「泥棒役者」の中に登場する絵本と監督が気になる

映画「泥棒役者」の中に登場する絵本と監督が気になる

関ジャニ∞の丸山隆平様が初主演を務める映画『泥棒役者』が話題でございます。

 

映画「#泥棒役者」公式サイト 本日OPEN!
https://t.co/lbRrpfc7Ug
11/18(土)全国公開決定! 特報映像も解禁!#丸山隆平 #市村正親 #ユースケ・サンタマリア #石橋杏奈 #宮川大輔 #高畑充希 #片桐仁 #峯村リエ #西田征史 #平田広明— 映画『泥棒役者』公式 (@dorobou_yakusha) 2017年6月27日

 

昔の仲間から脅されてある豪邸に泥棒に入った元泥棒(丸山)が、来客たちから「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々間違われ、その都度、捕まらないように勘違いされた役を必死に演じるという物語でございます。その勘違いが上手に重なり合っていくのですが、その綿密に計算された勘違いが秀逸なのでございます。かつてのアンジャッシュのコントを彷彿させるのでございます。

 

この脚本、監督を手掛けたのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本家、西田征史様でございます。実は西田様、お笑い芸人出身でございます。学習院大学法学部に在学中に芸人を目指してホリプロのオーデションを受け合格。笑いコンビ「ガラパゴス」、「ピテカンバブー」を結成されております。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。