ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「SMILE GAME BUILDER」製ゲームをUnityへエクスポート可能に!機能拡張DLCが今冬発売予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

株式会社スマイルブームは22日、Windows用ゲーム制作ソフト「SMILE GAME BUILDER(スマイル ゲーム ビルダー)」の機能拡張DLC「SMILE GAME BUILDER Exporter for Unity 5.6」の今冬発売を目指し、開発を進めていることを発表した。Steamにて配信予定となっており、価格は未定。

同DLCをSMILE GAME BUILDERへ導入することにより、ユーザーは自身が制作したゲームファイルを、ゲーム統合開発環境「Unity」のプロジェクトへ変換できるようになる。変換されたプロジェクトは、手を加えることなくそのままiOS/Android/Mac/Linuxなど、Unityが対応しているあらゆるプラットフォームに向けてリリースが可能。なおビルド時には、ターゲットデバイスに最適なバーチャルコントローラーなどが自動で割り当てられる仕組み。

さらに、Unityプロジェクト化したSMILE GAME BUILDERのゲームファイルは、Unity側で自由にカスタマイズすることも可能。たとえばUnityの機能でライティングの調整などを行うことができる。なお今回の発表内容には含まれていないが、SMILE GAME BUILDERにはコモンイベント機能やC#によるスクリプト機能の導入も予定されているとのことで、Unity側でのカスタマイズも合わせて、より複雑なシステムを備えたゲームが制作可能になることも期待できそうだ。
sgb-exporter-for-unity-1

Unityプロジェクト化したSMILE GAME BUILDERのゲームファイルを読み込んだ直後の画面

sgb-exporter-for-unity-2
上記のプロジェクトに、Unityの光源機能とエフェクト機能を用いて加工を施した画面

なお同日より、SMILE GAME BUILDERのサンプルゲーム『グランブーム国物語 ~ スマイルと目覚めし力 ~』を、同DLCを利用してスマートフォンアプリ化したバージョンが配信開始となっている(iOS版Android版)。内容はWindows版と同一で、Unity上では一切加工をしていないとのこと。Windows版とスマートフォン版を比べることで、同DLCの実力を確認することができるだろう。

また、サンプルゲーム『SGBクエスト ~伝説の宝をさがせ~』をUnityのWebGLビルドにより、Webブラウザ上でプレイ可能にしたサンプルも公開された。
grandboom-for-smartphone

『グランブーム国物語 ~ スマイルと目覚めし力 ~』スマートフォン版。バーチャルパッドで操作できる

関連記事:

「RPGツクールVX Ace」が1ドル!Humble BundleでRPGツクールのバンドル販売が実施中
SmokingWOLF氏によるゲーム開発書籍「ゲーム開発者の地図 ~20年の個人開発から学んだこと~」Kindleで発売
「HSPプログラムコンテスト2016」が開催!10月31日まで応募受付中

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。