体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【SILENT SIREN ライヴレポート】『5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』~奇跡~』2017年11月14日 at 日本武道館

 6月から行なってきたツアー『5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017「新世界」』を締め括る日本武道館2デイズ。1日目は“~軌跡~”と題していたことに対し、2日目にあたる11月14日は“~奇跡~”と掲げ、メジャーデビューから5周年の日も祝した特別な一夜になった。
 (okmusic UP's)

 結成から7年を迎えたバンドを新世界を目指す航海に例え、ステージには“SILENT SIREN”と掲げた大きな帆が張られ、船上を模した赤いステージには、海軍をイメージしたという白い衣装に身を包んだメンバー。すぅ(Vo&Gu)の軽快なギターから、前日のラストも飾った「フジヤマディスコ」で幕を開けるとサイファミ(サイサイファミリー/ファンの愛称)もゆかるん(Key)のリードによって早速ピンクの扇子を扇ぎ熱烈な歓迎。“ワッショイ”の掛け声で白熱した「What show is it?」では、あいにゃん(Ba)、ゆかるんが左右に伸びた花道に飛び出して客席を煽る。すぅの伸びやかな声が突き抜ける「爽快ロック」では、なんとメンバーが立つメインステージが会場の真ん中に設置されたセンターステージまで移動するという大胆な仕掛けで会場を驚かせた。

 白熱の前半戦のあとは全国ツアー恒例の“サイサイコーナー”へ。今ツアーでの決着を付けるこの日は、ステージ上に隠された封筒をゲットし、開封して金のサイサイくんを引き当てたメンバーが勝者となるルール。そして、罰ゲームは“巨大ワニとの対決”と発表された。まずツアー中の成績が1番だったひなんちゅ(Dr)からスタートすると、全力でステージ上を駆け抜け探しまわり、最終的には見事4人とも封筒をゲット! 緊張が走る中、ひとりずつ順番に開封し、すぅ、あいにゃんの罰ゲームが決定した。これまでも数々の罰ゲームを受けてきたすぅが“私、皆勤賞!”と溜め息をつきながらも、気持ちを仕切り直して中盤戦へ。

 ハートの風船が会場に降り注いだ「Love Balloon」に続き、「あわあわ」ではあわあわダンサーズにまぎれて安田大サーカスのクロちゃんの姿もあり、会場を沸かせるサプライズが盛りだくさん。サイファミから募った“大切な人との写真”をバックに「AKANE」を温かく届けたあと、12月27日にアルバム『GIRLS POWER』をリリースすることを改めて報告すると、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。続いて届けられた最新シングル「ジャストミート」ではタオルを振り回し、早速サイサイのアンセムになっていることを実感させられた。サイファミ全員が肩を組み揺れたダンスナンバー「DanceMusiQ」、手の振りで一体感を生み出した「チェリボム」と会場の心までも巻き込んでひとつに。そんな光景を観たすぅが“みんなから日々、元気をもらっています”と感謝を語り始まった本編最後の「シンドバッド」で場内が明るくなると、なんとメインステージが船のかたちに。大合唱が響くシーンでは、長旅を続けて古びた帆に変わらず掲げられている“SILENT SIREN”の名に一層たくましさを感じ、客席を見渡しながら耳を澄ませるメンバーはサイファミに支えられてここまで来られたことを噛み締めているように見え、幸福感に満ちていた。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。