ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

モバイルバッテリーで使えるスマートブランケット「Radishine」がかなり暖かそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
これから寒い季節がやってくる。電気ブランケットを利用している人も多いかもしれないが、ついに電気ブランケットもスマート化したぞ。それが、モバイルバッテリーで使えるスマートブランケット「Rasishine」だ。

・スマホと連携して設定が可能

Radishineは、遠赤外線ヒーティング技術を使ったブランケットだ。Bluetoothを使ってスマホと連携し、アプリ上でタイマーを設定したり、温度を調節したり、利用シーンを切り替えたりすることができる。

暖かくなる部分は上、中、下と縦に3箇所、左右の横に2箇所と分けて配置されているため、通常の電気ブランケットより細かな温度設定ができる。例えば睡眠時は、睡眠サイクルに合わせて温度をコントロールしたり、ダブルベッドで2人で使っている場合は、左右で温度を別にしたりといった具合だ。

・スマホと同じモバイルバッテリーで使える

さらに、このスマートブランケットはスマホで利用するようなモバイルバッテリー(5V × 2.1A)を使って利用することができる。つまり、コンセントに繋ぐ一般的な電気ブランケットとは違い、「半」コードレスで利用することができるということだ。

モバイルバッテリーを収納しておくためのポケットも付いているので、場所に制限されずに利用できる点はありがたい。就寝時以外にも利用の幅が広がることだろう。1万mAhのモバイルバッテリーを就寝モードで使った場合、ツインベッドモデルであれば約9時間連続利用ができるようだ。

Radishineは、現在Kickstarterにてキャンペーンを実施しており、今なら1枚92ドル(約1万450円)で出資注文することができる。キャンペーンは12月30日まで実施されているぞ。

執筆:Doga

Rasishine/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。