体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「マツコの知らない世界」で紹介されたおすすめ地元パン!【お土産にも】

「マツコの知らない世界」で紹介された地元パン!【ご当地グルメもお土産も】
(画像はイメージです)

11月21日の「マツコの知らない世界」は地元パンの世界! 全国500種類の地元パンを食べ歩いた甲斐みのりさんによる、懐かしくておいしいおすすめの地元パンたちが登場。

地元パンの定義は、「戦後すぐに創業したパン屋さんが長年作り続けているパン」なのだとか。気になるおすすめパンを、早速チェック!

「サンオレ」山口製菓舗(千葉県銚子市)

「マツコの知らない世界」で紹介された地元パン!【ご当地グルメもお土産も】
「サンオレ」170円(税込) (C)山口製菓舗

なんと創業103年。看板商品でもあるフレッシュでおいしい卵サンドです。

「マツコの知らない世界」で紹介された地元パン!【ご当地グルメもお土産も】
(C)山口製菓舗

あえて食感を出すため不揃いに刻まれた卵がぎっしり! 養鶏所から毎日届く新鮮な卵を使用しているそう。店のパン部門でダントツの人気を誇る、50年続く超ロングセラー商品です。

お店にはサンオレのほかにも、甘食や銚子バーガー、コッペパンなど気になる商品がたくさん。特にコッペパンはおやつコッペもおかずコッペもバリエが豊富で、何十種類もあり迷ってしまいそうです。

>>>通販はこちら!

ベーカリー&カフェ 赤毛のアン(山口製菓舗)
http://www.choshinet.or.jp/~pan/index.html
住所:千葉県銚子市清川町2-1122
電話:0479-22-4588
営業時間:11:00~18:30
定休日:火曜定休
※カフェは11:30~17:00のみ営業    
※(月・火)連休の場合があります。

「学生調理」たけや製パン(秋田県秋田市)

「マツコの知らない世界」で紹介された地元パン!【ご当地グルメもお土産も】
(C)たけや製パン

インパクトある名前が光る「学生調理」162円(税込)。学食でテスト販売したところ、大人気だったことから商品化されたそう。コッペパンにはさんであるのは、ナポリタン、キャベツサラダ、魚肉ソーセージのフライ。お腹いっぱいになるお惣菜パンです。

[たけや製パン]

「のっぽ」バンデロール(静岡県沼津市)

その名の通り細長い「のっぽ160円」(税込)には、クリームのほか、チョコやストロベリー味も。一度販売中止になったことがあるそうですが、静岡県民ファンの熱い要望で復活。疲れが癒える甘さだそうです。

のっぽ販売場所
http://www.banderole.co.jp/news/2171/

バンデロール店舗情報
http://www.banderole.co.jp/shop/

「カステラパン」木村屋ベーカリー(千葉)

全国にカステラパンは数あれど、りんごとイチゴの特製ジャムをはさんであるのが、「カステラパン」184円(税込)のオリジナリティ。過去にはイベント限定の味、にんじんとトマトを練り込んだカステラパンもあったようです。

木村屋ベーカリー
https://www.kimuraya-b.com

住所:千葉県東金市東金1275
電話:0475-52-2202
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日

「やぶれあんぱん」マロンド(千葉)

千葉だけにしかないパン屋さん、マロンド。千葉県内に11店舗あるそうですが、紹介されたのは、マロンド佐倉店の「やぶれあんぱん」216円(税込)です。薄い生地に餡がなんと普通の4倍も入っているそう。たしかにやぶれそうです。焦げ目のないところは中の餡が生地から透けてみえていました。幸せなずっしり感。

[マロンド]

次は番組内で甲斐さんが「絶対食べて欲しい!」とおすすめしていた3選です!

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会