体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

しそ焼酎『鍛高譚(たんたかたん)』の発売25周年を記念して10,800本の炭酸割り「全力しっそー」を無料サンプリング実施

さる11月10日、しそ焼酎『鍛高譚』発売25周年を記念して、東京・有楽町で合計10,800本の「鍛高譚」炭酸割り「全力しっそー」(250ml缶)を無料で配布するサンプリングイベントが行われた。若手社員が中心となって実施された同イベントを取材した模様をレポートする!

いつも”全力しっそー”な皆さまに、しそ香るお酒をお届けしたい!”全力しっそー”のメンバーが、全力で配布します。

巨大なしその葉をまとった「シソガール」はSNS映え間違いなし!

「しそを使った焼酎」という珍しさと、爽やかな飲み口で根強いファンの多いオエノングループの合同酒精株式会社(東京都中央区)の『鍛高譚』(720ml瓶・参考価格 税抜864円・発売中)は、2017年12月9日(土)に発売25周年を迎える。これを記念して、さる11月10日に東京・有楽町の東京交通会館1階ピロティーで、限定品「鍛高譚」の炭酸割り「全力しっそー」(250ml缶)とオススメレシピのセットを合計10,800本も無料で配布するサンプリングイベントを行った。

非売品の「全力しっそー」は、シソを使ったお酒だと一目でわかる!

配布された「鍛高譚」の炭酸割り「全力しっそー」は、サンプリング用の特別パッケージで市販されていない。「鍛高譚」のもっともスタンダードな飲み方のひとつ「炭酸割り」を味わってもらうために、イベント限定で企画されたという。パッケージのデザインはシンプルで、若者層へのアプローチを意識している。

また、缶の背面には「鍛高譚」のオリジナルボトルが配され、オススメの飲み方が印刷されており、炭酸割りのほか、ロックやジンジャーエール割りがオススメされている。

オエノンホールディングス株式会社 代表取締役社長 西永 裕司(にしなが ゆうじ)氏

このサンプリングイベントに、同社の西永裕司社長が飛び入り参加。帽子からスーツ、靴に至るまですべて「鍛高譚」の原材料・赤しそをイメージしたパープルで統一。フェイスペイントまで施す力の入れようだ。「このスーツは自前で、イタリア製生地のオーダーメイドです。「鍛高譚」のプロモーションのために用意しました。今日は、25周年を記念した『たんたかダンス』スポットCMのYoutube動画でも履いたシューズで来ました」と西永社長。

 

 

「社長自らが先頭を切ってプロモーションしたいという気持ち。弊社の代名詞が「鍛高譚」なので、売れれば社員が元気になります。世の中、好景気を実感できる人はごく一部。「鍛高譚」を飲んで元気を出してもらいたいです」と語る西永社長のオススメの飲み方は「この無料配布『全力しっそー』が定番ですが、これにレモンスライスを浮かべると、さらに爽やかさがアップして美味しいですよ」

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。