体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

望まない妊娠をして悩んだら…「にんしんSOS」

望まない妊娠をして悩んだら…「にんしんSOS」

 先日、生まれたばかりの子供4人をバケツに入れコンクリートで固めた母親が自首したというとてもショッキングな事件が報道されました。犯罪の動機は「育てるお金がなくて育てられないと思ったから」というもの。

 「彼氏がゴム付けるのを嫌がるから」「安全日だと思ってたから」「洗えば大丈夫だと思ってた」「外出しだから大丈夫って言われて」などなど、避妊に対する知識の甘さや彼氏に押し切られてつい、と望まない妊娠をしてしまうケースが後を絶ちません。そしてこうした場合にいつも辛く身体的にもダメージが大きいのは女性の方。

 こうした、「望まない妊娠」がどれくらい起きてどのような問題があるのか、またどうしたら少しでも防ぐ事ができるのかを調べて考えてみました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■20歳未満の人工妊娠中絶では満8週以上が半数以上

 望んで妊娠している人は妊娠検査薬を使って陽性判応が出た後、まず産婦人科へ行きおめでた宣言を受けます。が、望まない妊娠の場合、体の異変に気が付いて妊娠検査薬を使って陽性反応が出た後にする事は、「まず悩む」です。

 そして中絶するかどうか、相手の男性と今後どうするか、今後どうしたらいいのか親族にも言えないまま独りで抱え込んでしまう事が多くあります。妊娠検査薬で陽性反応が出た場合、既に妊娠2か月を経過しているため中絶するかどうかの判断を1か月かそこらでせざるを得ない状況となります。そのため場合によっては気づくのが遅れ、中絶できる期間が過ぎてしまい結果として人工出産による死産という手段をとるケース、そして最悪なケースとしては誰にもナイショで「自宅内外での出産」を行い新生児遺棄という悲しい顛末となり事件となる場合も……。

 驚くべき事に、15歳以下の中絶数はこの10年余り、変化していないという統計結果(厚生労働省 衛生行政報告例(2014)より)も出ており、若年者の出産数、中絶数と中絶率(2013年度全国)によると、15歳以下の出産数は235件、対する中絶数は1323件。15歳以下で妊娠した子供の85%が中絶しているという結果が出ています。

 また、年齢階級別人工妊娠中絶週数の比較(2013年度)の調査によると、20歳未満の若年者の人工妊娠中絶では満8週以上での中絶手術が半数以上の割合を占めており、若年者ほど体に負担の大きい中絶手術をしている事が分かります。

 どうしたらいいか悩んだ末に医療機関を受診するまでの間に胎児が育ってしまったが為、この様な体への負担の大きい中絶となってしまう事がこの数字からも読み取る事ができます。性衝動を抑えきれない若年者にも確実に避妊を行えるよう、小学校中学年以上からの具体的な性教育の充実が望まれます。

■社会的弱者への救済

 冒頭の事件では、出産した後に子供を4回も遺棄していますが、この女性に対しての救済措置はなかったのでしょうか?
遺棄するくらいなら自分たちのところに生まれて欲しいと願う不妊で悩む人はかなりいるかと思います。不妊治療だけでも高額な医療費が必要となるため不妊治療を受けたくても受けられないという人も多くいます。

 望まない妊娠が起こる要因の一つとして、若年期の知識の欠如によるものもありますが中には知的障害や精神的な問題がある為に男性に騙されて中絶や出産からの遺棄を繰り返すケースも見られます。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。