体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャーハンの「最適な炒め時間」が判明!パラパラチャーハンを作る「黄金ルール」【主夫めし】

f:id:kamekichipapa:20171117162758j:plain

嫁さん評価 ★★★★★

「今日はパラパラ系のチャーハンなのねぇ。ご飯にしっかりと味はついてる感じだわ、具もシンプルでいいわね」

娘評価 ★★★★★

「ほんまパラパラやね、これはなんぼでも食べてしまう味やわ! チャーハン以外のおかずがたべれんわー」

「パラパラのチャーハンの作り方」って星の数ほど紹介されていますが、今回はかめきち流パラパラチャーハン。どれくらいの時間炒めたらおいしくパラパラに仕上がるのか、実際にストップウォッチで計って作ってみた! ちょっとでも見てもらってる人にわかってもらえたらええねんけどねえ。

米が卵でコーティングされるよう、味付きの卵かけごはんから作り始めるのがコツ。あとはおすすめの隠し味も使ってますよ!

かめきちパパの「パラパラチャーハン」

【材料】(2人分)

温かいご飯 茶碗2杯(320gくらい) 卵 2個 焼き豚(市販) 60g 青ネギ 2本 醤油 大さじ2 蒲焼のタレ 大さじ1 塩、胡椒 適量 サラダ油 大さじ3

作り方

f:id:kamekichipapa:20171117162813j:plain

1. 焼き豚は5㎜角に、青ネギは小口に切ります。

f:id:kamekichipapa:20171117162814j:plain

2. ボウルにご飯を入れて塩、胡椒を軽くしたら、卵を割り入れて醤油と蒲焼のタレ(これが今日の隠し味!)を加え混ぜ合わせます。

※蒲焼のタレを入れると、甘みと照りが出せて味も見た目も深みが増します。みじん切りにしてよーく炒めた玉ねぎを入れたような味わいが簡単にプラスできる!

f:id:kamekichipapa:20171117162810j:plain

3. 熱したフライパンにサラダ油を入れ、2をフライパン全体に広げるように加えてまずはご飯を焼きます。(ここですぐに混ぜ合わせたらあかん! 30秒ほど我慢やで)

f:id:kamekichipapa:20171117162812j:plain

4. お玉でご飯をすくう感じで混ぜ合わせながら炒めます。

※お玉ですくってフライパンに落とす、この時に空気を含んでふんわりパラパラ感が出てくるで

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。