ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】安室奈美恵『Finally』が総合アルバム2連覇 back numberは8位まで浮上

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】安室奈美恵『Finally』が総合アルバム2連覇 back numberは8位まで浮上

 2017年11月27日付の総合アルバム・チャート“Hot Albums”では、安室奈美恵のベスト・アルバム『Finally』が2週連続となる総合首位獲得を果たした。

 前週、初週累計1,039,484枚のパッケージ・セールスを記録した『Finally』は、リリース2週目となる当週、302,038枚を売り上げてトップを堅守。さらに、ベスト・アルバムが特に強さを発揮するルックアップでも1位を維持して、総合アルバム2連覇を達成した形だ。2017年度のチャート集計が来週発表分で終了するが、本作の勢いが年間チャートにどこまで影響を与えるか、引き続き注目していきたい。

 西野カナの通算7枚目アルバム『LOVE it』は、2週目の安室奈美恵『Finally』に首位獲得を阻まれたものの、概ね好成績を記録している。パッケージ・セールスでは初週累計79,057枚を売り上げて2位となり、ダウンロードでは5,296ユニットをマークして1位。さらに、ルックアップ4位のポイントを加算して、総合アルバムでは2位となった。

 リリースから3週目の米津玄師『BOOTLEG』は、17,968枚を売り上げたパッケージ・セールスが4位、4,558ユニットをマークしたダウンロードが2位、安室奈美恵『Finally』に次いでルックアップ2位と、勢いが止まらない様子。そんな米津玄師『BOOTLEG』に総合ポイントでは僅差まで迫ったGOT7『TURN UP』は、42,256枚を売り上げて3位となったパッケージ・セールスが牽引する形で総合アルバム4位に初登場。ダウンロードとルックアップが伸び悩み、米津玄師『BOOTLEG』にあと一歩及ぶことができなかった。

 約1年ぶりとなるシングル『瞬き』のリリースを12月に控えるback numberだが、去年末にリリースされたベスト・アルバム『アンコール』が、前週総合20位から当週8位までジャンプ・アップしている。ニュー・シングルとの同時展開やクリスマス・ソングが収録されていることが要因と考えられるが、特筆すべきは、2017年1月9日付の初登場以来、常にトップ10内を維持しているルックアップだ。本作が、2017年最も“聴かれた”アルバムの一つであることは間違いないだろう。年間チャートでの順位にも注目が集まる。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『Finally』安室奈美恵
2位『LOVE it』西野カナ
3位『BOOTLEG』米津玄師
4位『TURN UP』GOT7
5位『レピュテーション』テイラー・スウィフト
6位『「untitled」』嵐
7位『Princess Limited』田村ゆかり
8位『アンコール』back number
9位『メトロノーム』MACO
10位『CHOCOLATE』ちゃんみな
11位『THE GIFT』Hi-STANDARD
12位『がらくた』桑田佳祐
13位『倉木麻衣×名探偵コナン COLLABORATION BEST 21-真実はいつも歌にある!-』倉木麻衣
14位『全知全能』ポルカドットスティングレイ
15位『15YEARS-BEST HIT SELECTION-』globe
16位『FINE COLLECTION ~Begin Again~』東方神起
17位『THE DREAM QUEST』DREAMS COME TRUE
18位『HIT』三浦大知
19位『レッド・ピル・ブルース』マルーン5
20位『Magical View』ロッカジャポニカ

関連記事リンク(外部サイト)

11月27日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】初週ミリオン達成の安室奈美恵『Finally』が2週目も30万枚超を売り上げアルバム・セールス首位を守る
【深ヨミ】安室奈美恵『Finally』歴代ベストアルバムのセールスを振り返る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。