ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大塚 愛「アイドルっていうのは天性的に可愛くないと」彼女にとってのアイドル論とは? デビュー14周年企画第6弾

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大塚 愛「アイドルっていうのは天性的に可愛くないと」彼女にとってのアイドル論とは? デビュー14周年企画第6弾

 大塚 愛のデビュー14周年を記念して第9弾に分けて年末まで実施される、14年間のインタビュー掘り起こし企画と、配信プライスオフキャンペーン。この第6弾がスタートした。

その他 関連画像

<掘り起こしインタビュー第6弾>

◎大塚 愛 『I ■ ×××』(■=ハート)インタビュー(2010年9月)
http://www.billboard-japan.com/special/detail/290

やっぱりアイドルっていうのは天性的に可愛くないと、私の中で許せないです。

 大塚 愛は、2010年9月11日 横浜赤レンガパーク 野外特設ステージにて7周年ライブを開催。この公演で彼女は「私から直接みんなに伝えたいことがあります。今年の誕生日を実は3人で過ごしました」とその体に子供を授かったことを発表し、事実上の産休期間へと入るのだが、この直前に『I ■ ×××』(■=ハート/NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲)なるシングルを発表した。

 そのリリースタイミング、事実上の産休前最後のインタビューは奇しくもそれまでの大塚 愛の総括的内容になっており、「大塚 愛というアーティストは「さくらんぼ」のときのイメージを大事に大事にしながら走ってさえいれば分かり易いポップスターだったり、もしかしたらアイドル的な存在にもなれたと思うんです。でもそこに興味はなかったんですよね?」という問いに対し、実に彼女らしい返答をしてくれた。「やっぱりアイドルっていうのは天性的に可愛くないと、私の中で許せないです。私は全然そういうビジュアルでもないので、ちょっと「さくらんぼ」で可愛いことをやったのもギャグ的な感覚だったし。全くアイドルには不向きですよね。アイドルは下ネタとか言っちゃいけないです」

 当時の音楽シーンは、アイドルムーヴメントの渦中。アイドルの意味や価値が大きく変わっていく時期に独自のアイドル論を明確にし、それまでの楽曲でも匂わせていた自身の下ネタ好きも明確にするコメントであった。(TEXT:平賀哲雄)

 なお、11月22日から2週間、大塚 愛の6thアルバム『LOVE FANTASTIC』の配信プライスオフを実施。次回2週間後の12月6日からは7thアルバム『LOVE TRiCKY』が配信プライスオフになる。

◎「LOVE FANTASTIC」配信プライスオフ
・iTunes:
https://itunes.apple.com/jp/album/love-fantastic/895303843
レコチョク:
http://recochoku.jp/album/A2000411378/?affiliate=4350010259
mu-mo:
http://sp-m.mu-mo.net/album/67582/

関連記事リンク(外部サイト)

大塚 愛の破天荒イメージを変えた発言とは? デビュー14周年企画第5弾
大塚 愛が思う「ラブソングで一番やっちゃいけないこと」とは? デビュー14周年企画第4弾
大塚 愛がアーティストとしての地位を確立した楽曲とは? デビュー14周年企画第3弾

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。