ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【動画】ドウェイン・ジョンソンが巨大怪獣と戦う映画『Rampage(原題)』、トレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ニュー・ライン・シネマによるアクション・アドベンチャー映画『Rampage(原題)』のファーストトレーラーで、ドウェイン・ジョンソンは、世界とジョージという名前の逃亡中の巨大猿を救う使命を任されている。

ジョンソンは、人付き合いは苦手だが、ジョージという雄ゴリラを出産以来世話し、絆を持つ霊長類学者を演じる。ある遺伝子実験が穏やかなジョージを巨大で凶暴な怪物に突然変異させ、さらに北米に生息する動物にも同様な変異が起こり、彼らを救うすべての道が破壊されていく。

あるシーンでジョンソン演じる役が、「30フィートの大きさのオオカミを知らないか?」と尋ねる。

「その飛行機にジョージを乗せるのは大きな間違いだ」というジョンソン演じる役のアドバイスにもかかわらず、檻に入ったジョージがジェット機に乗った時、あらすじのポイントが見える。

その後、ジョージが檻から飛び出し、飛行機がシカゴ上空で炎上する様子が映る。ジョンソン演じる役は、川の上でヘリコプターを操縦しながらお決まりのウィットに富んだ調子で、「唯一、巨大なワニが欠けていると思っていたんだ」と、語る。

『Rampage(原題)』は、P・J・バーン、マーリー・シェルトン、ブリアンヌ・ヒル、ジャック・クエイド、マット・ジェラルド、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガンが出演する。

映画『カリフォルニア・ダウン』のブラッド・ペイトンが『Rampage(原題)』の監督を務め、1980年代に流行した同名アーケードゲームをもとに、ライアン・イングルがストーリーを手掛け、ライアン・イングル、カールトン・キューズ、ライアン・J・コンダル、アダム・スティキエルが脚本を執筆した。ボー・フリン、ジョン・リカード、ハイラン・ガーシア、ペイトンが、プロデューサーを務める。

『Rampage(原題)』は、2018年4月20日に米劇場公開する。

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。