体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

谷川岳の紅葉と温泉を満喫!はましゃかオススメ、秋の群馬女子旅へ

谷川岳の紅葉と温泉を満喫!はましゃかオススメ、秋の群馬女子旅へ

「私、受難が好き、かもしれません」

《受難=神学用語で、イエス・キリストの裁判と処刑における精神的および肉体的な苦痛のための言葉である。(出典:ウィキペディア)》

新宿のお洒落なカフェで、びゅうたびの編集担当に思わずそう口走ってしまった。

「はましゃかさんに、462段の階段がある駅に行ってほしいんです」
「よ、よんひゃ……?」

私は役者やモデル、ライターをしている美大生。
写真と文字を組み合わせた「しゃかコラ」という画像をインスタに投稿していたり、失恋すれば事細かにブログに報告したりしてしまうような、お祭り気質の人間だ。

来るもの拒まず精神で興味あるものに突っ込んでいく私に訪れた自由すぎるお誘いに、
思わず出たのが冒頭の言葉だった。

それを聞き、ニヤリと笑う担当さん。

新幹線に乗って、温泉に入って、旅館に泊まれ、紅葉写真も撮り放題!
そのついでに、日本一のモグラ駅に行ってきてください。そんな企画だった。

モグラ駅って……? という単純かつ重要な疑問が、温泉という言葉によってかき消される脳内。

「おんせん!!! 行きます!!!!」

大喜びで、友人でカメラマンのおおもりめぐを誘い、
無知な2人は喜び浮かれてJR東京駅に向かったのであった。

上越新幹線 とき

新幹線に大興奮。飛び乗るのは、上越新幹線「とき」!

みなかみ温泉郷で自由すぎる散策、贅沢すぎる旅館

1時間ほど乗車して、「JR上毛高原(じょうもうこうげん)駅」で降りると

\ようこそぐんまへ!/の文字。

体を走り抜ける衝撃。

なんと、私が降り立った場所は、奥利根(おくとね)という名だたる観光名所へ続く出発駅だという。

地理に疎すぎて、何も知らずにこんな所を訪れてしまった自分を恥じるも、

駅には本日お世話になる旅館、水上館の送迎バス(要予約)がすでに到着していました!

最上階のお部屋に通されると、まさかのこの景色!

水上館 客室からの風景

これは……! 贅沢すぎる!!!

ここまで来たら、温泉旅館の醍醐味、全部味わってやろうじゃないかっ!

水上館 客室

お茶菓子を食べながら、窓の外をのんびり眺め、浴衣を着てみたり、
向かい合った椅子に座っておしゃべりしてみたり。

ここにいたらSNSのアカウント全部消して、水彩画を描きながら人生を終了させてしまいそうだ……あれ? それこそが幸せ……これが「#丁寧な暮らし」……?

現世を忘れそうになるも、空腹という煩悩によって現実に引き戻され、旅館周りの散策へ。

みなかみ温泉郷 紅葉

丁寧な暮らしを忘れ、紅葉に背を向け写真を撮る弱小インスタグラマー。

みなかみ温泉郷 街並み

宿を出て、温泉ロードをぶらり旅。

湯原温泉公園 足湯

宿から5分ほど歩くと「湯原温泉公園」が。手湯と足湯が気持ちいい……!

さらに5分ほど“ふれあい通り”という小路を進むと……

気ママ屋 外観

かわいらしいパン屋さんを発見!

気ママ屋 アップルパイ

ご当地りんごを使用したアップルパイが絶品!
こちらのお店は手作りパンとカフェの店 気ママ屋さん。
突然の取材にも温かく応えてくれました。

ふれあい通り アップルパイ
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy