体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋バナ収集ユニット・桃山商事が婚活相談承ります!相談者は『合理的な婚活』の漫画家・横嶋じゃのめさん【第一回】

恋バナ収集ユニット・桃山商事が婚活相談承ります!相談者は『合理的な婚活』の漫画家・横嶋じゃのめさん【第一回】

婚活で何人もの人と会っても、なかなか決め手に欠けて一向に選びきれない。そんな悩みを抱えている人も多いのでは?

これまで1000件以上の恋愛相談に乗ってきた恋バナ収集ユニット・桃山商事(清田代表と森田専務)のお二人が、婚活女性の相談に乗ってくれることに。

相談者は、 『合理的な婚活 ~DINKsを本気で目指すおたくの実録婚活漫画~ 』を連載中の漫画家・横嶋じゃのめさん。婚活に疲れ果て、迷走中の横嶋さんの悩みとは…!?

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171116150943p:plain 「婚活を続けて早1年。相手のいいところ探しができません。」

婚活アプリを1年以上使い続けてきて、これまでに30人弱と会っているのに、未だパートナーが見つかりません。男の人のいいところを素直に認められず、早々に見切りをつけてしまう自分に問題があるのでしょうか?(漫画家 横嶋じゃのめ 30歳)

非モテの過去が邪魔をする!男性の前で鉄壁感を崩せない

横嶋:桃山商事さんの新刊『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を、拝読しました。ネット経由の出会いについても書かれていましたが、まさに今、ネット婚活でドツボにハマっているので相談させてください!

清田・森田:はい。よろしくお願いします。

横嶋:婚活アプリで男性と知り合っても、その人のいいところを見つける前に早々に見切りをつけてしまいます。最近はもうヒヨコ鑑定士みたいに、ライン作業で流れてくるヒヨコを「NG、NG、OK…」って振り分ける作業をしてるような感覚で…。

清田:婚活アプリの構造上、仕方ないですよね。いくらでも相手が検索できるもんだから、より上位互換な人がいるんじゃないかという発想が常につきまとう。するとどうしても一件一件に対する粘りがなくなっていく。そこが婚活アプリの難しいところですよね。

森田:10人会ってこんな感じなら、もう10人会えばまだまだいけるんじゃないかみたいなね。

横嶋:それに加えて、女としての自分をさらけ出すことにすごく抵抗があるんです。お会いする男性に対して鉄壁を作ってしまうのも、うまくいかない原因のひとつだと思っています。相手をメロメロに好きになっちゃうのはカッコ悪いし、相手が自分のことをどう思っているのかウジウジ考えたりするのもイヤ。要は、女っぽいものが嫌いなんです。

森田:それはどうして?

横嶋:過去の自分が非モテだったから。中学生の頃、瓶底メガネのオタクで、色恋の戦局に全く絡めなかったんです。自己肯定感の低さが半端なくて、メインストリームへの逆恨みがすごくある。だから素直に何かを受け取るのが苦手だし、女を出すことに抵抗感があるんです。

でもその反面、「そんな頑固な横嶋さんがいいんです」って私の鉄壁をよじ登ってきてくれる人がどこかにいるんじゃないかと思っていたりもして…。

清田:今までお会いした人は、横嶋さんのそういう部分を理解しようとはしなかった?

横嶋:基本的に鉄壁感丸出しで会いに行きますから、「この鉄壁にたじろいでる時点で敵ではない!」と思っています。大半はそこで消えてしまいますね。

マジレスしあえるパートナーはどこにいる!?

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171115151305j:plain

森田:それで、具体的にはどんなパートナーを望んでいるんですか?

1 2 3次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会