体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙開発や超伝導にふれる大人の遠足@ニコニコ学会βサマーキャンプ2017参加報告【研究所見学編】

野田司令、筑波研修センターに現れる

ニコニコ学会βといえば、「研究」を研究者だけでなく、一般の私たちにも広く開いてくれたコミュニティ。ユーザー参加型の研究活動の場として、これまで数多くの野生(ノラ)の研究者が発掘されてきた。

現在も交流の場としての活動は今も継続している。特にサマーキャンプは毎年恒例で行われており、アンカンファレンスと研究所見学ツアーが行われている。

キャンプ2日目の9月3日、会場である茨城県つくば市の筑波研修センターに現れたのは野田司令こと野田篤司さん(以下、野田さん)。

野田さんは、世界で一番低い軌道を飛ぶ衛星(超低高度衛星)の概念設計を行ったJAXAの現役エンジニア、超低高度衛星は今年12月に打ち上げ予定だ。

あまり公になっていないが、インターステラテクノロジズにもかんでいたり、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のSF設定に協力していたり、知る人ぞ知るのマッドサイエンティストだ。

研究所見学、JAXA筑波宇宙センターの見学に先立ち、野田さんから宇宙開発についてレクチャーがあるのだ。

野田さんのトークは、わかりやすく、おもしろい

野田さんは「誰でも宇宙にタッチできるような世界を作りたい」という。それには、今のような一機100億円もかかるようなロケットの作り方ではなく、もっと安いコストで、誰でも作れるようにならないと無理だ。

今年7月のインターステラテクノロジズによるMOMO初号機の打ち上げは、日本の民間企業による宇宙開発の動きとして大きな話題になった。MOMOは市販の部品や材料を利用するなど、開発コストを大幅に抑えている。

ちなみに、このインターステラテクノロジズ、もともとは民間で有人宇宙船を作りたいという有志で集まったことから。社名には、太陽系の外に脱出するぞという意味が込められている。

また、大きさの問題もある。人工衛星の需要として、重さが50kgというレベルが”役に立つ衛星”としての最低ラインだと一般的には考えられているが、50kgの人工衛星を作るのは素人では無理、と野田さんは指摘する。

製造の現場の経験がないと、作るものと、その大きさ・重さの関係がピンとこないが、50kgという重さを伴う大きさでは、作業に、専用の環境設備が必要になる。本体を持ち上げたり動かしたり、まず人手では無理だ。

野田さんが、次に狙っているのは世界最軽量の人工衛星だ。いま世界的にどのくらいまで可能になっているかというと、今年7月に米国コーネル大学のザク・マンチェスター氏らにより開発され、宇宙へ打ち上げられた「Sprite」が4g。ということで、4g未満で実用に目処をつける衛星が狙うところだという。

いざ、筑波宇宙センターへ

いよいよ、筑波宇宙センターの見学ツアーに。

JAXA筑波宇宙センター

筑波宇宙センターの位置付けについて。

これも野田さんがレクチャーしてくれたことだが、JAXAが持っている宇宙関係の施設のうち、種子島宇宙センター、内之浦宇宙空間観測所についで広いのが筑波宇宙センターだという。

種子島はロケット発射設備があるので広い。これは、ロケットが爆発しても外側に被害が広がらないように(ちなみに、ロケットの発射台がある射点は海に突き出し、山に囲まれているが、これは山を隔てることで爆発しても爆風が民家に行かないためにそうしている)。

一方、筑波宇宙センターはオフィス部分に加え、研究開発が行われている実験装置や試験装置を持つ。開発製造した人工衛星やロケットを打ち上げる前に宇宙空間で壊れないこと、動くことを試験するための機関ということになる。

また、人工衛星のコントロールを行う追跡管制設備、宇宙ステーションのコントロールを行うところ、宇宙飛行士が常駐しているところという面もある。

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会