ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

祝!2018年5月オーストリア航空が成田線に復活。おすすめルートとスポットまとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
祝!2018年5月オーストリア航空が成田線に復活。おすすめルートとスポットまとめ

こんにちは!ヨーロッパ好きで列車を利用し一周半の周遊をした、桃(@XxPeach)です

2016年9月、当時唯一の東ヨーロッパへの直行便であったオーストリア航空が、惜しまれながらも撤退しました。そして今回、来年のゴールデンウィーク前の5月15日、一年八ヶ月ぶりに成田線に復活!

そんなオーストリア航空の詳細と、東欧周遊のおすすめルートをご紹介します!
 

オーストリア航空って?

photo by shutterstock

オーストリア航空は、全日空と同じスターアライアンスかつ、欧州最大規模の航空グループ・ルフトハンザグループに属しています。

日本初就航は28年前の1989年。2016年に撤退する27年間、東欧唯一の日本線を持つ航空会社として、長い間親しまれてきました。

今回の就航は以前のように毎日就航しないものの、往路は月・火・水・木・土、復路は月・火・水・金・日の週5便で運行が決定されています。

成田発14時ウィーン着19時、ウィーン発17時55分成田着12時5分という、行きはのんびり、帰りは午前中までしっかり遊ぶことが可能です。

成田〜ウィーン線はボーイング777の機材を使用しており、座席クラスはビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの3タイプ。プレミアムエコノミークラスはオーストリアが今年の秋から導入し始めたものになり、現在機材の改修を行っています。

12時間の長旅になりますので、ちょっと贅沢をして帰りだけ、プレミアムエコノミークラスを選択するというのもオススメです。
 

ウィーンの見所はこれだ!

photo by shutterstock

ウィーンは1都市でも楽しめるアートに溢れた街。今までTABIPPOでは多くのウィーンの観光名所を説明してきましたので、ここでは3つご紹介します。
 

世界一の図書館 プルンクザール

photo by manami abe

今年の夏にコンテンツディレクターの阿部まなみが訪れ、Twitter(@mnooooom)で彼女史上最高の1,200近い「いいね」を獲得している図書館です。

世界一美しい図書館とされる、ウィーン王宮内にある「プルンクザール」。中に入ると、天井に描かれた豪華なフレスコ画に息をのみます。こちらはヨーロッパ最大のバロック様式の図書館だとか。まるで映画「美女と野獣」のワンシーンのよう…♡#ウィーン今 pic.twitter.com/BcapiKkUuF

— 阿部まなみ/アメリカ横断中🇺🇸 (@mnooooom) June 23, 2017

4月に実写映画化で世界中が見惚れた、美女と野獣の世界のような図書館で、ここに行けば誰でもフォトジェニックな写真が撮れるとか…!
世界一の図書館のおすすめの記事はこちらです
世界一の図書館といわれるウィーンのプルンクザールが、まるで「美女と野獣」の世界…

 

アートを楽しむならカラフルでポップなレオポルド美術館

photo by manami abe

アート好きの方はもちろん、今までアートの「ア」の字も知らなかった阿部まなみでも楽しめたのが、このレオポルド美術館。

絵画は楽しい思い出より悲しい思い出の詰まっている方が心に響きますが、難しいものばかりではありません。

色使いも綺麗なので、一度足を運んでおきたいスポットです。
レオポルド美術館のおすすめの記事はこちらです
アートの「ア」の字も知らない超初心者でも“芸術の街”ウィーンを120%満喫できたワケ

 

チョコ好きなら外せない!カフェ・ザッハー

🎗Volodymyr Borovskyiさん(@broducer_official)がシェアした投稿 – 2017 10月 29 4:43午前 PDT

チョコ好きの方でもそうでなくても、一度はチョコレートケーキのザッハトルテを召し上がったこと、ありますよね?

そのザッハトルテ、実はこのカフェが発祥なんです。カフェには五つ星ホテル・ザッハーが併設されており、その外装はまるでお城のよう。合わせて訪れたい場所です。
カフェ・ザッハーのおすすめの記事はこちらです
ウィーン観光で行きたいおすすめのカフェ6選

関連記事リンク(外部サイト)

ちょっと意外な姉妹都市5選
ワーホリで体験できる仕事とメリット・デメリット
海は全てを知っている。海底に眠る世界七大遺跡まとめ
【必見】海外で「やってはいけないこと」リスト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。