体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「エアアジアX」10周年を記念して、最初の就航地 “◯◯◯” へ行ってきた!

「エアアジアX」10周年を記念して、最初の就航地 “◯◯◯” へ行ってきた!

エアアジアXというエアラインは、マレーシアの会社であることはよく知られていますが、2007年に初めて就航した都市ってどこかご存知でしょうか?

先日、年間300日が晴天で太陽に恵まれた楽園と言われているその都市への就航が10年目を迎え、この10年の間にアジア圏内の人々を中心に多くの人々の翼を担ってきたのが、このエアアジアX。

そのエアアジアXの最初の就航地は、そう「ゴールドコースト」。今回そんなエアアジアXが10周年のAnniversaryを祝してゴールドコーストで記念イベントを開催するというので行ってきました。

 

10周年のAnniversaryイベント

▲CEOのベンイスマイル氏

ゴールドコーストへの就航10周年を記念してこうやってイベントを開催することができてご満悦の様子でした。ゴールドコーストへの就航を皮切りにマレーシアを拠点に多くのディスティネーションへのフライトを実現してきたエアアジアXは我々日本人にとってもより身近な存在になりつつありますよね!

また、運良くベン氏に日本のマーケットのついて話すことができたので、以下ご紹介します。

篠原:「日本の若年層は旅行離れが言われていますが、エアアジアXのCEOとして何かメッセージはありますか?」

ベンイスマイル:エアアジアはローコストキャリアなので、若者に海外へ行くオプションを与えられるし、安いことで海外へ行くきっかけを与えられると思っています。ぜひ日本の若い人にもたくさんエアアジアXを活用してほしいと思ってますし、素敵な旅行体験になることをエアアジアが提供できることを保証します!

▲エアアジアX ブランドアンバサダー Guy Sebastianによるライブ

また、イベントでは、エアアジアXでブランドアンバサダーを務めるGuy Sebastian氏が登場。僕は残念ながら存じあげなかったけれどもオーストラリアではそこそこ有名なアーティストみたいです。

既述の通り、エアアジアXは、アジア圏内とオセアニア地域を結ぶ最もメジャーなエアラインとしてその地位をこの10年を掛けて築いてきました。ここからはその原点でもある最初の就航地「ゴールドコースト」を旅行する上での魅力についてもご紹介していきましょう。

 

スカイポイントクライム/Sky Point Climb

「フォトジェニックな絶景体験」

42kmにも及ぶと言われるゴールドコーストのビーチサイド。 それを一望できるポイントといえば、そうスカイポイント。展望台に行けば海だけではなく360度ゴールドコーストの街を一望できるわけなのですが、さらにもう1段階圧巻の体験をしたければ、スカイポイントクライムがオススメ。

なんと展望台から外に出て、建物の頂点に続く階段を登っていくというもの。命綱がついているので、外に乗り出しても落ちはしないのですが、地上230mの地点から見下ろすそのスリルが堪らないです!ぜひゴールドコーストを訪れた際は、スカイポイントクライムに挑戦してみてください♪

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会