体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2」がついに公開!監督とプロデューサーにインタビューしてきました

「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2」がついに公開!監督とプロデューサーにインタビューしてきました

13年ぶりに長期の旅に出たナオト・インティライミさんが、旅を夢みる若者へおくる日本最大級の旅イベント、Backpack FESTAの仙台会場にゲスト出演することが決定し、感動したのも束の間、時を同じくして半年間に及ぶ旅のドキュメンタリー映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』も公開が間近となった。
【あらすじ】
“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。本作は、忙しさに追われ純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、彼が原点回帰をするために、世界をめぐった旅の記録だ。アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年間にわたる濃密な旅に密着。ナオトならではの筋書きなしの旅が生み出す、“新たな出会いと音楽”。ミュージシャンと即興セッションや、子供たちとの交流など、言葉も文化も異なる異国でナオトのを発揮し、旅の刺激から生きる力を入れていく――。世界の音楽と文化を体感し、現地の人々との触れ合いを追った、奇跡のドキュメンタリー映画が前・後編の2部作でここに誕生。
出演:ナオト・インティライミ  監督・編集:加藤肇
主題歌:「Sunday」&サウンドトラックbyナオト・インティライミ【前編】 2017年11月23日(木・祝) 【後編】2018年1月5日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
配給:日活 ©2017「ナオト・インティライミ冒険記2」製作委員会  www.naoto-tabiuta2.com


前編は11月23日(木・祝)、後編は2018年1月5日(金)より公開される。二部作となる今回の映画には、どんな奇跡が集まっているのだろう。

監督の加藤さん、プロデューサーの高橋さんにインタビューする機会を設けていただき、映画制作についてお話をうかがえるという、何とも「Catch the moment」な瞬間が私に訪れたのだ。

 

「自分の音楽の原点に戻りたい」


(左がプロデューサーの高橋さん。右が監督の加藤さん)
【監督:加藤 肇(かとう・はじめ)】
1986年、東京都生まれ。東京フィルムセンター映画・俳優専門学校卒業。在学中の2006年、岩井俊二監督の映画「市川崑物語」(’06)に携わったことをきっかけに同監督に師事し、北川悦吏子監督作「ハルフウェイ」(’09)、小林武史監督作「BANDAGE」(’10)のオフライン編集を担当。2011年、フリーランスのディレクター・編集となり、企業VP、ミュージックビデオ、ライブ映像の制作を手がけている。最新作は坂口健太郎や間宮祥太郎などが出演するwebドラマ「FUROZUKIシリーズ」、miwa「夜空。feat.ハジ→」のPVなど

 
【プロデューサー:高橋信一(たかはし・しんいち)】
1979年、静岡県生まれ。プロデューサー。映画、PV、ドラマなど幅広く手がけている。劇映画の代表作に『日本で一番悪い奴ら』、『許されざる者』、『BANDAGE』などがある。音楽ドキュメンタリーも数多くプロデュースしている。代表作に『DOCUMENTARY OF AKB48 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』、『FOOL COOL ROCK! -ONE OK ROCK DOCUMENTARY』『WE ARE Perfume -WOLD TOUR 3rd DOCUMENT』など。『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』でも、前作に続いてプロデュースを務めている。

ーまずは、映画を制作するという企画に至った背景をお伺いしたいです。

1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会