体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【子どものPTSDの特徴】症状・診断方法・親の接し方について

【子どものPTSDの特徴】症状・診断方法・親の接し方について
2014年の埼玉県の秋祭りの会場で、ボランティアスタッフの高齢男性に大声で叱られ、当時5歳の女児がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症した事件の判決が今月の9日に出て話題になりました。(参考)

子どものPTSDの原因にはどのような特徴があるのでしょうか?そして親はどのように接すれば良いのでしょうか?

今回は、子どものPTSDについて、気になる症状や診断方法なども含め、精神科医でもあられる井上先生に詳しく解説していただきました。

PTSDとは

部屋の隅で落ち込む女の子 

PTSDは日本語では、心的外傷後ストレス障害と呼ばれています。突然の衝撃的な出来事を経験することで、生じる特徴的な精神障害のことです。

他の精神疾患と違って、明らかに「これ」といった原因がはっきりしていることが特徴です。ただ、同じ出来事であっても、育ち方や家庭環境などによって発症するかは個人差があります。

子どもがPTSDになってしまう原因 

震災の親子 

危機的な心的な外傷経験が原因であり、災害や犯罪被害など強い恐怖感を伴う経験が多いです。子どもではその他に、いじめ、体罰、虐待などが原因になっていることもあります。

子どものPTSDの症状 

泣く女の子 

主な症状としては「再体験・回避・過覚醒」が認められます。これらの症状は大人と違って子どもは特有の反応を見せることも多いのです。

再体験

過去の体験を意図せずに繰り返して思い出して苦痛を感じることです。子どもは大人と違って自制が聞かない事もあるので、突然興奮したり、過剰な不安や緊張でパニックを起こしたり、痙攣する子もいます。

回避

原因となった出来事を避けようとすることです。子どもの回避では、まず普段より活動性が低下することが多いです。

表情がぼーっとしたり、引っ込み思案になったり、食事や勉強などの日常生活にも悪い影響が起こる事もあります。

過覚醒

落ち着かずにいつも興奮しているような状態です。また子どもでは、いつも何かにおびえており、少しの反応にもビクッと激しい反応して驚いて泣き出したりします。

子どものPTSDの診断方法 

診断する医師 

言語化ができるかがポイントなので、診断方法は6歳を境界にして変わってきます。6歳以下の診断基準は以下のようなことを評価していきます。

□ 実際に危うく死ぬ、重症を負う、性的暴行を受ける出来事がなかったか

□ 心的な外傷になる出来事の後、苦痛な記憶や夢などがでてこないか

□ 心的な外傷になる出来事の後、それを思い出すような場所や行為を避けてないか、引きこもったり活動性の低下がないか

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。