体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新連載が『マーガレット』でスタート!―種村有菜さんインタビュー(1)

新連載が『マーガレット』でスタート!―種村有菜さんインタビュー(1)

少女まんが雑誌『りぼん』(集英社刊)で次々と人気作を生み出し、『神風怪盗ジャンヌ』や『満月をさがして』はアニメ化もされたマンガ家、種村有菜さん。

 そんな種村さんの新連載が2月5日発売の『マーガレット』5号(2013年2月20日号/集英社刊)でスタートする。そのタイトルは『猫と私の金曜日』

 ずっと読者だったという『マーガレット』での初めてのオリジナル作品の連載ということで、これまでの種村さんの特徴だったファンタジー色はなくなり、ド直球の学園ラブコメが展開されています。しかも相手役の男の子は、主人公の高校一年生、立花愛の一つ年上の先輩・芹沢と、同じマンションに住むいとこの猫太、小学校五年生!

 学内の女子からモテモテな芹沢から、自分に気があることを告げられ、どぎまぎしてしまう愛。意を決して告白しようとするが、それをなぜか邪魔しようとする猫太。一話目からフルスロットルで加速するストーリー。一体どうなっちゃうの!?

 今回は種村さんに新連載作品についてインタビューを敢行。作品への想いを聞いた。(新刊JP編集部)

■新連載は「とにかく攻めの姿勢」で

―2月5日発売の『マーガレット』5号でいよいよ待望の新連載『猫と私の金曜日』がスタートしますね。おめでとうございます。

種村さん(以下省略)「ありがとうございます!」

―新しい連載がスタートするときの気持ちというのはどんな感じなんですか?

「とてもワクワクしています。前の連載を書いている間に、作風やストーリーの流れ上、入れられないネタがどんどんたまっていて、それを出さないと脳みそがパンクしちゃいそうなくらいだったんですよ。

前の連載では、平安時代を舞台にしたファンタジーを描いていたので、現代的な洋服とか、可愛い雑貨を描きたくてうずうずしていました。あと、『猫と私の金曜日』の主人公の女の子、愛ちゃんはチョコレートが大好きなんですが、前の作品だとこのチョコも出せなくて…」

―出せるお菓子といったら、和菓子とかそういうものになりますよね。

「そうなんですよ(笑)。基本的に、お菓子といって出せるものは、果物かお餅になるので」

―そういったものを新連載に全部ぶつけて。

「そうですね。だから多分、私のマンガを今まで読んできた読者さんが、この『猫と私の金曜日』を読んだら、ああ、とてもやりたかったんだなということが伝わると思います!」

―「種村さん、一回目からすごい飛ばしてる!」って感じでテンポがすごく速かったです。

「第一回は53ページあったので、私としては、実はこれでもゆったり始めたという印象なんですよ(笑)。でも、今回は攻めの姿勢でどんどん突っ走っていきたいなと思っていて、今までだったら、このネタは後にとっておこうとか、あの設定は後で活かそうとか、そういうことも考えていたんですね。でも、今回はとにかく攻めて、読者さんが『え? ここまで攻めるの? 攻められてる、私!』と思うような乙女の攻撃をどんどん…(笑)」

―仕掛けていこう、と(笑)。

「仕掛けていこうかなと思っています」

―連載第一回を読ませていただいて、ふと思ったのですが、これまで種村さんが描かれてきた作品はファンタジー色が濃いものが多かったですよね。でも、今作はストレートな学園ラブコメです。

「この作品は、『マーガレット』でやる連載では初めてのオリジナル作品なんです。だから、『マーガレット』の読者さんのことはすごく意識しましたし、私はずっと『マーガレット』を読んできたので、憧れていた『マーガレット』のマンガにちょっとでも近づきたいという想いもありました」

―ブログでも『マーガレット』への想いをつづられていましたよね。

「そうですね。本当に小さい頃から読ませていただいていましたし、大きくなってからも、毎号楽しみにしていました。だから、ずっと作品を連載していた『りぼん』を卒業することになって、『マーガレット』から声をかけていただいたときは、すぐに『やりたいです!』と返答しました。

あと、隔週発行というペースにもちょっと憧れていたところがあって、私のマンガって結構展開が速いので、読者さんから、月刊だと待ちきれないという声を聞いていたんですね。だから、私のマンガの速さって隔週向きなのかなと。そういう部分でも、マンガ家として魅力を感じました」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。