体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【フジファブリック ライヴレポート】『プレミアムアコースティックライブ「FABRIC THEATER 2」』2017年11月10日 at EX THEATER ROPPONGI

 フジファブリックがアコースティック編成で新旧の楽曲を演奏する「FABRIC THEATER」。2回目の開催となる今回もまた、遊び心あふれる演出に加え、ここでしか聴けないアレンジやカヴァーを交えたプレミアムな2時間半となった。
 (okmusic UP's)

 タイトルで“THEATER”と謳っているだけあって、本編(フジファブリックの演奏)の前には映画館さながらに彼らの新曲「かくれんぼ」がテーマソングとなっているCanon「”This” is my life.」ショートムービー『僕たちは今日、お別れします。』の映像、来年2月に開催する全国ツアー『帰ってきた!!三日月ADVENTURE』の予告、さらには加藤慎一(Ba)と金澤ダイスケ(Piano)による「NO MORE 映画泥棒」の渾身のパロディー「NO MORE LIVE泥棒」が上映され、客席を沸かせた。そして、ライヴは山内総一郎(Vo&Gu)がアコースティックギター、加藤がウッドベース、金澤がオルガン、サポートのBOBOがパーカッションを演奏した「ペダル」でスタート。山内の爪弾きが印象に残るフォーキーなアレンジ。金澤がハーモニーを重ねる。

 “プレミアムなライヴにしますのでリラックスして、最後まで楽しんでください”と山内が客席に声を掛け、ライヴはそのまましっとりとしたムードで進んでいくのかと思いきや、金澤がピアノでラテンジャズのようなフレーズを加えた3曲目の「B.O.I.P」では金澤と山内がソロをリレーして、演奏の熱が一気に上がる。ステージの際まで行き、ギターをかき鳴らす山内の熱演に観客が拍手を贈ると、“ありがとう。(今日は)こういうアレンジでもやります!”と彼はニッコリ。そして、オフィシャルモバイル会員で募ったリクエストに応え、「まばたき」と「若者のすべて」の2曲を披露。アコギの弾き語りに徐々に演奏が加わるアレンジが、曲が持つ美しさをドラマチックに描き出した「若者のすべて」を、観客がじっと聴きいる中、最後、熱唱で終えた山内は“このアレンジ緊張するなぁ。抜け殻ですよ(笑)”と一言。確かに、それも頷ける渾身の熱演だった。“このまま終わってもいいぐらいパワーを使った” と笑いながら、山内はステージに置かれたソファーに腰を下ろして、そのまま「FABRIC THEATER」の見どころでもあるリクエストコーナーに――。わざわざローマから持ってきたという(もちろんジョークです)あの有名な石の彫刻「真実の口」の口から、このコーナーの司会を務める(?)金澤が手探りでリクエストカードを選んで決めた曲は、TOKIO「LOVE YOU ONLY」、フジファブリックがNHK Eテレの『メディアタイムズ』に提供したオープニングテーマ「1/365」、スピッツ「チェリー」、荒井由実「やさしさに包まれたなら」の計4曲。それをホントにジャカジャカと、間にゆるいトークを交えながら、まるでセッションを楽しんでいるように演奏した。因みに4曲目の「やさしさに包まれたなら」は、あまりの楽しさに興に乗った山内の“もう1曲できないかな”という一言から、急遽、追加されたようだ。ああ、この人達は本当に音楽が好きなのだな。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会