ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「骨骨それが骨」野性爆弾くっきーがフルオーケストラ従えLINE GAME曲替え歌熱唱

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「骨骨それが骨」野性爆弾くっきーがフルオーケストラ従えLINE GAME曲替え歌熱唱

 LINE株式会社が展開するゲームサービス「LINE GAME」の本格始動5周年を記念して、主要ゲームタイトルの音楽をフルオーケストラで演奏、野性爆弾のくっきーさんが得意の替え歌で歌唱するという、清々しいまでにフルオーケストラを無駄遣いした動画が公開されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2012年11月19日、パズルゲーム「LINE POP」他4タイトルで本格始動した「LINE GAME」。この5年の間に、タイトルの累計ダウンロード数は約8億件に迫るほどになりました。全世界における「LINE GAME」タイトルへの平均ログイン日数は29日、総ログイン回数は約34億回と、日常生活の一部としてプレイしている人が多いようです。

 大きく成長した「LINE GAME」の5周年を記念して、野性爆弾のくっきーさんをボーカルに迎え、フルオーケストラで「LINE GAME」のBGMを演奏するという「野性爆弾 LINE GAME BGM Music Festival」という動画を制作することになりました。選ばれたゲームは「LINE バブル2」「LINE ポコパン」「LINE ポコポコ」「LINE レンジャー」「LINE POP2」「LINE POPショコラ」「LINE パズル タンタン」「LINE ブラウンファーム」の8タイトル。

 替え歌ネタで知られる野性爆弾くっきーさんがオリジナルの歌詞を付け、しかもその内容に即した(?)格好で登場し、切々と歌い上げてます。もちろん、歌詞の内容は野性爆弾ならではのシュールさ加減。

 たとえば「LINE レンジャー」

 小さい骨は 飲み込んでも喉につまりゃしません
 大きい骨を飲み込んだら喉がつかえます
 粉末状の骨を飲み込んだら腹が膨れます
 骨 骨 それが骨です

 そして「LINE パズル タンタン」

 ギュー ギュー ギュー ギュー
 イノシシの血抜きしてみなはれ
 ギュー ギュー ギュー ギュー

 うん。意味わかりませんね。 ちなみにオーケストラに合わせて歌うのは初めてだったというくっきーさん。撮影時、本番前の舞台袖では真剣な表情でリズムのカウントを取り、自分が入るタイミングを取っていたといいます。撮影後のインタビューで「すごい優秀な方々の集まりじゃないですか。それがもう、その方は僕ひとりのためにやってるという優越感、爽快でしかなかったですね」とドヤ顔で語り、「オーケストラさんと一緒にバーンと同時にとまれたりしたらすごい一体感、なんか一本の筒がボーンと立った感じがしましたね」等、バーンと擬音多めな独特の表現でボーンとその考えをバーンバーン述べています。

 しかしオーケストラの人たち、目の前でこのネタやられて、みんなよく笑いをこらえてたなぁ……。ほんとお疲れ様です。ちなみに、相方のロッシーさんも動画のどこかに出演してますので、こちらもご注目。毎回いろんなところに潜んでますよ。

 現在「野性爆弾 LINE GAME BGM Music Festival」シペシャルサイトで公開されている各動画をTwitterでシェアすると、抽選でスマートスピーカー「Clove WAVE」や「野性爆弾のサイン入り色紙」などの豪華賞品が当たるキャンペーンを実施中です。さらに、シェア数が5万件に達すると「LINE GAME」の各ゲーム内で使えるアイテムをもれなくゲームをプレイしている全員にプレゼントするということなので、注目ですよ。

 キャンペーン期間は11月21日〜12月16日。まず「LINE GAME」公式Twitterアカウント(@LINEGAME_Japan)をフォロー。そして「#LINEGAME5周年記念」のハッシュタグをつけて野性爆弾の動画をシェアします。キャンペーン詳細については「野性爆弾 LINE GAME BGM Music Festival」スペシャルサイトでバーンと確認してください。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ハリー・ポッターのARゲーム、ワーナーの専門レーベルより登場
「命を救われました!」と感謝される事も 話題の「ママきたモード」開発秘話を大まじめに聞いてきた
矢口真里公認の炎上体感ゲーム『大炎笑』 Makuakeでプロジェクトスタート

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。