ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

厚さ3センチの厚切り焼肉 「伝説盛り」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

11月20日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、迫力がある驚きの厚切りグルメについて特集したコーナーの中で、「焼肉ここから・東京八重洲口店」(東京都中央区)が紹介された。

東京メトロ東西線・日本橋(東京都)駅のA7口から徒歩1分ほどのところにある同店は、働く女性やサラリーマンなど連日焼肉好きが集まる焼肉店。

お店の厚切り焼肉のメニューとして 「伝説盛り」(5,378円/税込み)を紹介。「伝説盛り」はタン、重さ150グラム以上のヒレ、約180グラムのハラミと総重量500グラム以上の3部位がセットになっており、どの肉も厚さ約3センチと厚切りになっている。肉はアメリカ産、カナダ産など、その時々にオーナーが選んだ肉なのだとか。

「伝説盛り」は、焼き方にもこだわりがあり、お店の人が焼いてくれるとのこと。まず鉄板の上にタンを置き、肉の周りが焼けるとハサミで段階的にカットして食べやすい大きさ仕上げる。およそ5分焼いてから醤油、ザラメ、みりん、酒、赤ワイン、ネギ、リンゴ、パイナップルなどを使用した特製ダレに付けていただく。熱々のタンを頬張った坂田陽子さんは「んーんっ!こんなタン食べたことない!厚切りバンザイですね。スッとなめらかに肉の間を歯が通り抜けていったと思ったら、プルプルの食感と共にかんでいる間に溶けていくんですよ。すごーい!」と絶賛。

2切れで重さ約180グラムのハラミは、タンと同様に鉄板の上でカットしながら焼き上げ、ハラミらしいジューシーな味わいが楽しめる。

続いて鉄板の上にのせられたヒレは全方位を焼き上げてから一度厨房へ持って行き、厚めにカットして醤油、リンゴ、パイナップル、キウイ、タマネギ、ニンニクなどを使った自家製ステーキソースをたっぷりとかけ、トッピングにネギとフライドガーリックをのせて完成。一切れのヒレを食した坂田陽子さんは「うーん、もう極上ステーキの味わいですね。」とコメントし、厚切り焼肉を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:焼肉ここから東京八重洲口店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:東京駅(八重洲)のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店紹介
ぐるなび検索:東京駅(八重洲)×焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店一覧
まぐろで作った「まぐまぐの実」
厚さ3センチの厚切り焼肉 「伝説盛り」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。