ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「やりたいことが見つからない…」そんな中で、私はこうして“未経験”の世界へ飛び込んだ――初代日本女子プロボクシングバンタム級王者・吉田実代の仕事論

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
プロボクサーとして、インストラクターとして、そしてシングルマザーとして。三足のわらじを履く女性格闘家がいる。その名は吉田実代。10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで勝利し、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。しかしこれまでの道のりは決して平坦なものではなかった。プロ格闘家の夢は叶えたが、なかなか納得の行く結果が出せない日々。そしてプライベートでは結婚、妊娠、離婚。さまざまな苦難を乗り越え、新たな歴史の1ページを作った戦うシングルマザーの生き様に迫った。前回(第1回目)はこちらf:id:kashiemi:20171107141352j:plain

吉田実代(よしだ・みよ)

EBISU K’s BOX所属のプロボクサー。1988年、鹿児島市生まれ。20歳の時、ハワイに格闘技留学。帰国後、キックボクシング、総合格闘技、シュートボクシングなどに参戦し、2014年ボクシングに転向。デビュー戦後に妊娠、結婚。出産のブランクを経て、2016年復帰。2017 10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで高野人母美と対戦。3-0の判定で勝利、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。ボクシングでの戦績は9戦8勝1敗。東洋太平洋スーパーフライ級1位。日本バンタム級チャンピオン。育児、仕事、ボクシングの“三足のわらじ”を履く戦うシングルマザーとして注目を集めている。

ボクシングの魅力

──身を削るような思いをしてまでボクシングを続けてるってことは相当ボクシングが好きなんですね。

そうですね。すごく好きです。妊娠がわかった時もボクシングを辞めないといけないと思いつつ、ずっとボクシングのことが頭の中にありましたし。子どもを産んだ時もすごくうれしかったけれど、ボクシングをもっとやりたかったなと悔いが残っていましたから。

──ボクシングの魅力は?

ひと言で言うと奥が深いってことでしょうか。試合までのプロセス、積み重ねが濃いんですよね。そうしないと勝てないしみんな勝つために必死に真剣にやってるところも好きです。技術的にもパンチを当てるのってすごく難しいんですね。針の穴を通すような高い精度や駆け引きが求められます。どんなに練習したり試合をしてもなかなか思うような動きができません。そこを追及するのが楽しいのだと思います。

──あのまばゆいリングの上に立って戦うというのは特別な気分なんでしょうね。

すごく気持ちいいですよ。特に勝った時が最高ですね。大勢の人が私を見て拍手したり叫んだりしてるわけじゃないですか。すごくうれしくて最高に気持ちいいです。多分脳内で快感物質がドバドバ出まくってると思います(笑)。あの感覚は一度味わうと忘れられないんですよ。だからみんなどんなにつらくても、ボクシングをやめられなくなっちゃうんだと思います。

──でも負けたら悲惨ですよね。飛び上がって喜んでいる選手を目の前で見なきゃいけないし。勝者と敗者の明暗がはっきりわかれる残酷なスポーツです。

そうなんですよ。勝った時は最高だけに負けると鬱になります。ボクシングに転向して初めて負けた時は3年ぶりくらいの敗北だったですが、悔しくて3日くらい眠れなかったですね。一気に「あいつは弱い」みたいな感じになっちゃうし。人生ってこんなにつまんないんだって落ち込みました。だからボクシングって天国と地獄ですよ。勝てば天国だけど負けたら地獄。

──純粋に拳ひとつで戦ってどっちが強いかはっきりさせるということも魅力なのでしょうか。

そうですね。純粋に戦うことが好きなんです。特に強い人と戦うのはワクワクしますね。やる前は不安いっぱいだけど、やってる時はどきどきワクワクしています。試合中に私のパンチがクリーンヒットした時は気持ちいいですね。いいぞ、いけるって。

あと、ボクシングをやってると嫌なことを全部忘れられるというのも大きな魅力ですね。嫌なことがあっても練習するとスッキリして忘れられるんです。だから私、練習が大好きなんです。会長やトレーナーから「練習しすぎ、いい加減にしろ」と言われるくらい(笑)。f:id:kashiemi:20171107141422j:plain

──逆にボクシングのつらい点は? みぞおちとか肝臓とか打たれたらめちゃめちゃ苦しいじゃないですか。顔面を打たれると脳や目へのダメージも恐いし。そういう恐怖感とか女子だから顔が腫れたら嫌だなとか全く思わないんですか?

もちろん打たれたら痛いし苦しいけど、逆におお~っと闘志が湧いてきます。そもそも打たれて痛い、苦しい、恐いって思う人は最初から格闘技なんてやってないと思いますよ(笑)。格闘技をやってる人のほとんどがやられたら倍にしてやり返す、やられる前にやってやるという性格で、そうじゃないと格闘技をやるのは無理です。そういう負けず嫌いの集まりで、その中でメンタルの強い・弱いはあるかもしれないですけど。

女性だからとかも関係ないです。女性でも戦うことが好きな人はいくらでもいますからね(笑)。

──減量も大変なんじゃないですか?

今はバンタム級(52.16キロ~53.52キロ)なんですが、毎回試合まで大体2ヵ月くらいの間に5キロ落としてます。ものすごくつらくはないですが、やっぱり楽ではないですね。本来はスーパーフライ級なのでそうなるともっときつくなりますね。

──ボクシングのやりがい、モチベーションは?

みんなが頑張れって応援してくれることですね。試合を観に来てくれるのはもちろん、スポンサーになってくれたり、応援してくれる人を増やそうと知人を紹介してくれたりする人が大勢いるんですよ。

ボクシングを始めて、一所懸命やればやるほどそういう何の見返りも求めず、私に無条件で愛をくださる人がたくさん増えたんです。すごくうれしいことだな、ありがたいことだなと思うし、それがボクシングを続ける糧にも、生きていく糧にもなっています。

──では吉田さんにとってボクシングとは?

ひと言で言うと生きがいですね。自分のすべてを懸けて、全力で取り組めるもの。生きていく上での希望でもあります。f:id:kashiemi:20171107141504j:plain

中学卒業後、ひとり暮らし

──なぜ格闘技の世界に飛び込んだのか。これまでの歩みを教えてください。中学・高校生の頃はどんな生徒でしたか?

ひと言でいうとやんちゃでしたね。と言っても悪いことをしてたわけじゃないですよ(笑)。鹿児島の中学を卒業後は通信制の高校で勉強しつつひたすら働いていました。親が経営する会社で事務仕事を手伝ったり、バーでアルバイトしたり。

──なぜ普通の高校に行かなかったのですか?

中学の頃から一刻も早く自立したいと思っていたからです。そのためにはお金が必要だから、すでに中学時代からお金を貯めていました。もっとお金を稼ぐために中学を卒業したら働きたいと思っていたので、高校に行こうという気も起きなくて。

親には頼りたくなかったんですよね。自分の夢が見つかった時、反対されたらお金を出してもらえないから。でも自分で貯めたお金なら誰にも文句を言われずにやりたいことができますよね。そういう思いがすごくありました。精神的にも自立しようと、中学卒業後はマンションでひとり暮らしをしていました。

やりたいことで自立したいとは思っていたのですが、その肝心のやりたいことがなかなか見つからなくて。ダンスはずっとやっていたのですが、これは違うなと。このままの人生じゃ嫌だな、自分を変えたい、全力で打ち込むものがほしいと悶々としていました。

20歳でハワイに格闘技留学

──格闘技の世界に飛び込んだきっかけは?

このままぬるま湯のような生活は絶対嫌だと思って、とにかく20歳になったら誰も自分を知らない海外に1人で行こうと決めたんです。それでやりたいことをインターネット検索していたある日、「ハワイでの格闘技留学」が目に止まりました。その瞬間、これだ!と思ったんです。それまでの格闘技なんて一度もやったことなかったんですけどね。

──なぜ格闘技未経験なのにやってみたいと?

中学時代ソフトボールをやっててスポーツが好きだったのと、兄が総合格闘技をやってたり、私自身もK-1などが好きでよく見ていたので、格闘技は割と身近な存在だったんです。

──ではこれという決定的な出来事があったわけでもなく?

そうですね。直感ですね。f:id:kashiemi:20171107141525j:plain

──いきなりの海外で不安はなかったですか?

むしろ東京だと知り合いが多いので、本気で打ち込みたいことが見つかったとしても、甘えが生じてまた流されるかもしれない、そうなったらそれまでの人生と同じだから海外の方がいいと思って、海外留学も視野に入れていたんです。英語は喋れなかったのですが、ハワイなら1人でも大丈夫だろうと思って、20歳の時にハワイに渡って、HMCという、多くのプロ格闘家を輩出しているジムに格闘技留学したんです。

──習っていた格闘技は?

HMCは総合、柔術、ボクシング、キックボクシングなど、いろんな格闘技を教えるジムだったのですが、私はキックボクシングを習いました。

実際にやってみるとすごく楽しくてずっとやりたいと思ったし、ジムのトレーナーからも素質があると褒められました。

──どういう点が楽しかったのですか?

サンドバックを蹴ったり打ったり、スパーリングをしたりと練習そのものが全部楽しかったです。身体一つで相手と戦うことにも魅力を感じました。

今までソフトボールやダンスなどいろいろやってきましたが、キックボクシングは時間があっという間に過ぎて、一番夢中になれましたね。

留学期間は3ヶ月間だったのですがかなり早いスピードで上達したと思います。すでにこの時点で格闘家として生きていきたいと思いました。そんなある日、ジムの会長が今、日本で格闘技が流行ってると教えてくれたので帰国したらプロの格闘家になろうと決意したんです。f:id:kashiemi:20171107141551j:plain

初めてのリングはキックボクシング

──帰国後は?

上京してキックボクシングの名門であるTARGETジムに入門して、まずはアマチュアのキックボクサーとして活動を開始しました。このジムでも才能あるかもしれないと認められたので、いけるかもと思っていました。

──初めてキックボクシングの試合のリングに上がった時はどんな感じでしたか?

興行主が自分が所属していたジムだったので、そういう意味でのプレッシャーはありましたが、戦うこと自体に関しては緊張や恐怖感はなかったですね。

試合に勝った時はもちろんうれしかったし、やっぱりこの世界は自分に向いてる、結構上まで目指せるかもと思いました。

総合格闘技でプロデビュー

──その後、アマチュアの試合では計4戦して、3勝(1KO)1敗。その翌年(2009年)、総合格闘技の名門・マッハ道場に移籍して、3ヵ月後に女子総合格闘技の試合に出場しています。これがプロデビューとなったわけですが、キックボクシングじゃなくて総合格闘技でプロデビューした理由は?

そのままキックボクシングでプロになってもよかったんですが、それより先にたまたま総合格闘技のマッハ道場からからプロデビューの話が来たというだけです。マッハ道場からでもキックボクシングの試合に出られますしね。特に総合格闘技の方をやりたかったというわけではないんですよ。

──パンチとキックしかないキックボクシングとそれらに加えて投げも関節も寝技もある総合格闘技って全然違いますよね。戦ってみてどうでしたか?

全然違いましたね。時間がなかったので総合の戦い方を必死に覚えましたが3ヶ月ではいかんともしがたくて。特に難しかったのが寝技です。デビュー戦ではマウントを取っても何もできなくて判定で負けちゃいました。寝技があると判定でなかなか勝てないんですよ。総合はやはり寝技がうまくないとダメで、柔道やアマレスの経験がないからきつかったですね。

──プロとアマの違いという意味ではどうでしたか?

アマチュアの試合は安全重視でヘッドギアやすね当てなどの防具も装着しなきゃいけないし、グローブも大きいのですが、プロはもちろん防具なし、グローブも小さくて軽いので同じ競技でも全く別物ですね。私はヘッドギアがあると相手が見えづらくて攻撃しにくいし、グローブが大きいと威力も半減するので、プロの試合の方が戦いやすいし、向いていると思っていました。

総合格闘技でプロデビューを果たした吉田さん。しかし彼女は総合格闘技の世界で絶頂期を迎えながら、突然「引退」をしてしまいます。次回はその背景や心境に迫ります。乞うご期待!

文・撮影(試合):山下久猛 撮影:守谷美峰 協力:EBISU K’s BOX

関連記事リンク(外部サイト)

「この人誰だっけ?」という時に、デキる人は“田中角栄式”を使っていた!
楽ちんなのにオシャレ!おススメ通勤スニーカー4選
狙うのは時代の「半歩先」、1歩先では遠すぎるんです。ーー訪日客に人気「お寺ステイ」の仕掛け人に聞く

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。