ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カフカが改名を発表!「1.24、全てのディストピアシティにラブソングを」捧げるミニアルバム発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カフカが改名を発表!「1.24、全てのディストピアシティにラブソングを」捧げるミニアルバム発売

 来年2018年で10周年を迎えるカフカが、新たな決意を込めバンド名を「KFK(読み:ケーエフケー)」として活動していくことを発表した。来年1月24日にKFK名義でミニアルバム『ラブソングフォーディストピアシティトーキョー』をリリースする。

 改名に先駆け、12月15日に渋谷CLUB QUATTROにてカフカが企画する【NIGHT CIRCUS vol.4】に、KFKがオープニングアクトとして出演する。同メンバー別名義でのアクトという異例な演出と、KFK初のパフォーマンスがどのように行われるのか注目が集まる。また、同時に2組目のゲストとしてANIMAL HACKの出演が決定。今回で4回目、そしてラストとなる【NIGHT CIRCUS】の全容が明らかになった。なお、この日を持ってカフカ名義での活動は最後となる。

 その後1月にリリースとなるミニアルバム『ラブソングフォーディストピアシティトーキョー』は、新たな名前を手に入れて自由度が増した彼らのデビュー作となる。マスタリングエンジニアには、メンバーが敬愛するニュー・オーダーを始め、数々の著名アーティストを手掛けているロンドンのアビー・ロードスタジオ「フランク・アークライト」を起用。ジャケットアートワークは、コラージュやペインティングを中心にさまざまな手法を用いて鮮烈な作品を制作するアーティスト、とんだ林蘭が手掛けている。

 アルバムリリースに伴い、来年1月27日には渋谷VUENOSでイベントを開催。【ラブソングフォーディストピアシティトーキョーRelease Party ”KFK in da House!!”】と題し、ライブハウスをクラブに変える一夜となる。チケットの先行も11月20日19:00より先着順にて開始。

 なお、11月19日に開催されたBURGER NUDSの自主企画【Pure vol.1】にはカフカとART-SCHOOLが出演したが、Billboard JAPAN.comでは後日このライブレポートを掲載する予定。

◎ライブ情報
【カフカ Presents 【NIGHT CIRCUS vol.4】】
2017年12月15日(金)渋谷CLUB QUATTRO
open 17:30 start 18:30
Opening Act : KFK
GUEST:セプテンバーミー / ANIMAL HACK

◎リリース情報
アーティスト:KFK
ミニアルバム『ラブソングフォーディストピアシティトーキョー』
2018/01/24 RELEASE
<CD>UKDZ-0191 / 1,500円(tax out.)
JAN:4514306013993
レーベル:DAIZAWA RECORDS / UK.PROJECT inc.
01. 私はもう気にしない
02. M i s s i n g
03. Falling Butterfly
04. いたって普通
05. Neo Tokyo // 気象情報
06. せたがや・とわいらいと

◎イベント情報
【KFK 1st mini album「ラブソングフォーディストピアシティトーキョー」Release Party 『KFK in da House!!』】
2018年1月27日(土)渋谷VUENOS
OPEN 17:30~ DJ START 18:00~ LIVE START 19:00~
料金:3,500円(tax out.)ドリンク代別
チケット先行受付:11/20(月)19:00~ 先着受付開始
購入ページURL:http://bit.ly/2zVHSyR

◎メンバーコメント
カフカは12.15の渋谷クラブクアトロでのライブを最後に、以降「KFK」へと改名します。今までクルーと共に大切に育ててきた言葉。そして俺らの新しい遊び場。
そこでメンバーもクルーも、ステージもベッドルームも全部ごちゃ混ぜにして遊びたい。
そして国境や世代、ジャンルの壁も無い新しい俺らの音を「KFK」として鳴らしたいんだ。

ここに至るまでには辛い事もあった。『雨/マネキン』のレコーディング中、メンバーと何度も話をした。
カフカとしての活動に行き詰まっていた頃だった。口に出さずとも「解散」という文字が何度も頭をよぎった。
それぞれに生活があって、その中でカフカに合うものを選びアウトプットする。そんな工程に限界を感じていたんだと思う。

それでもこの4人でバンドを続けたい。その思いは変わらなかった。だとしたら新しい遊び場を作ればいいんだと思ったんだ。
カフカよりもっと大きな、好きなものを好きなだけ持ち込める場所。そんなワクワクする場所を探して、辿り着いたのは全員一致で「KFK」という場所だった。

完成した『ラブソングフォーディストピアシティトーキョー』は荒削りで実験的だけど、
好きなものを好きなだけ持ち寄った、まさにそんな作品になった。
ロック、エレクトロ、ヒップホップ、ソウル、R&B、果てはヴェイパーウェイブまで、
様々な素晴らしい音楽と、そこにまつわるカルチャーとの出会いに感謝と、最大限のリスペクトを込めて。

1.24、全てのディストピアシティにラブソングを。

We are KFK. From Tokyo Setagaya.

関連記事リンク(外部サイト)

カフカ 第2弾配信SG『マネキン』発売 新アー写も公開
asobius レコ発出演のカフカ/Hello Sleepwalkers/PELICAN FANCLUBよりコメント動画到着
BURGER NUDS自主企画【Pure vol.1】ART-SCHOOL&カフカ出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。