ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google HomeやAmazon Echoからも操作できる屋外用スマートプラグ、クリスマスの強い味方!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google Homeを購入してみたものの、天気予報やニュースを聴いたり、テレビに動画を流したりといった用途のみで満足してしまっていないだろうか。

確かに、情報ステーション/家電の操作ハブとしてAIアシスタントを活用するだけでも生活はずいぶん便利になるが、せっかくなので、その守備範囲を屋外にまで広げてみてはいかがだろう。

今回ご紹介する「iHome iSP100」は屋外でも使えるスマートプラグだ。さっそくプロダクトの詳細を見ていくことにする。

・Appe HomeKitなど複数のスマートホーム規格に対応

さまざまなスマートホーム対応プロダクトを手掛けるiHomeだが、今回リリースしたiSP100は、防水性と耐候性を備え屋外でも使用できるものだ。

-20~40℃までの環境で使用可能となっており、最大1800Wの電力をサポートする。

セッティング方法は簡単。iSP100をWi-Fiと接続してコンセントに差し込めば、対応サービスを通じて家電や電球のOn/Offができるようになる。

Google AssistantやAmazon Alexa、Appe HomeKit、Wink、Nestといった、いくつものAIアシスタントやスマートホーム規格に対応しているのでとても使い勝手がよいだろう。スマートスピーカーが家にある人はもちろん、iOSやAndroidアプリからも操作が可能で、HomeKitなどではスケジューリングも利用できる。

・イルミネーションのコントロールやセンサーとの連携も

クリスマスや正月などのイベントが目白押しのこれからのシーズン。イルミネーションをこのスマートプラグでコントロールするのもよいだろう。

帰宅に合わせて玄関のライトをつけることもできるし、遠隔からのスプリンクラーや防犯カメラのOn/Offなどにも適しているなど活用範囲は無限大だ。

さらには、HomeKit互換のカメラで動きが検出された場合にのみiSP100をOnにすることもできるし、iHomeの他のプロダクトと連携して、例えばドアセンサーで開閉を検出した場合にiSP100をOnにするといった使い方も可能だ。

iSP100は、USのAmazonなどですでに販売開始されており、39.99ドル(約4480円)プラス送料で入手できる。

参照元:iHome lets Alexa, Siri and Google Assistant control your garden gadgets/SLASH GEAR

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。