体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ランボルギーニ限定モデル210万円のimpecは果たして値段に見合った商品なのか

生活・趣味
ランボルギーニ限定モデル210万円のimpecは果たして値段に見合った商品なのか ランボルギーニ限定モデル210万円のimpecは果たして値段に見合った商品なのか

昨年のツール・ド・フランスを見事に制したカデル・エヴァンスが駆ったマシンimpec。

スイスに専用の機械を設けて作っているBMCが本気を注いだ一台です。

そんなimpecがタイトル通りスポーツカーで名だたるランボルギーニから限定モデルが発売されることになりました。

限定カラーということもあり、その価格は210万円。

でも待てよ。

impecってそんなに高かったけ?

という疑問を抱いたのでパーツ構成を調べてみました。

まずBMCから一般発売されているimpecの仕様はこちらです。

ランボルギーニ限定モデル210万円のimpecは果たして値段に見合った商品なのか

今回ランボルギーニから発売されるものはシマノのデュラエースDi2がついた一番左の高いモデルですね。

これだけで価格は115万円です。

ですが写真を見比べてみるとわかりますが、目立ったところではホイールがまず大きく異なります。

通常のimpecはこちら

ランボルギーニ限定モデル210万円のimpecは果たして値段に見合った商品なのか

イーストンのパーツを使い仕上げられており、ホイールはアップチャージ無しのデフォルトでEC90SL クリンチャーモデルが採用されています。

ですがランボルギーニimpecには

ランボルギーニ限定モデル210万円のimpecは果たして値段に見合った商品なのか

真っ黒なヌードカーボン仕様でリムハイトも38mmのEC90SLに比べてちょっとだけ高いものとなっています。 

さらにこちらの写真を見てみましょう。

ランボルギーニ限定モデル210万円のimpecは果たして値段に見合った商品なのか

見る人が見れば分かります。 この質感。 マヴィックのコスミックカーボンです。

ランボルギーニ限定モデル210万円のimpecは果たして値段に見合った商品なのか

エアロスポークを採用しており、スポークの組み方、カーボンの質感から言ってもマヴィックのコスミックカーボンを限定カラーで作成したことが伺えます。

1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会